English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 報道発表資料 > <2011国際森林年関連事業>国際森林年記念会議「“森林・林業再生”から見えてくる、日本の未来」の開催について


ここから本文です。

プレスリリース

平成23年9月27日

農林水産省

<2011国際森林年関連事業>国際森林年記念会議「“森林・林業再生”から見えてくる、日本の未来」の開催について

10月25日(火曜日)、農林水産省は日本経済新聞社との共催により「2011年国際森林年記念会議(“森林・林業再生”から見えてくる、日本の未来)」を開催します。なお、本会議は公開です。

主旨

 2011年は国連が定めた国際森林年です。今回の記念会議は、「“森林・林業再生”から見えてくる、日本の未来」をテーマに、地域振興、創エネルギー、地球温暖化防止などの森林が持つ様々な可能性について、海外の有識者も交え考えていきます。

開催日時・会場

日時:平成23年10月25日(火曜日)13時~16時45分(12時30分開場)

会場:日経ホール(東京都 千代田区 大手町 1-3-7 日経ビル3階)

プログラム

13時~13時05分 開会挨拶、来賓挨拶

<第一部> 13時05分~14時55分

基調講演「サケが森をつくっていた。そしてカナダは林道を元に戻している」 C.W.ニコル氏(作家、国際森林年国内委員)

講演「世界のバイオマス市場」 レオ・シルンホーファー氏(オーストリア ポリテクニック社 代表)

事例報告

<第二部> 15時15分~16時45分

パネルディスカッション「私たちが、森林(もり)に生かされて生きるために -東北をモデルに考える-」

コーディネーター:天野 礼子氏(作家、国際森林年国内委員)

パネリスト:

お申し込み方法等

1. お申し込み方法

入場無料、定員は500人です。

インターネットにより、必要事項を記入し、ご応募ください。

応募多数の場合は抽選とさせていただき、当選者の発表は、聴講券の発送をもってかえさせていただきます。

 ・インターネット:http://adnet.nikkei.co.jp/e/event.asp?e=00569

2. 締め切り:10月11日(火曜日)

3. お問い合わせ先

国際森林年記念会議 開催支援事務局 03-6436-4452(10時~18時 土日祝日除く) 

 photo

お問い合わせ先

林野庁森林整備部計画課
海外林業協力室
担当者:海外指導班  大川、岡林
代表:03-3502-8111(内線 6146)
ダイヤルイン:03-3591-8449
FAX:03-3593-9565

ページトップへ

リンク集


アクセス・地図