English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 報道発表資料 > <2011国際森林年関連事業>「市民と森林をつなぐ国際森林年の集い in 岩手県盛岡市」の開催について


ここから本文です。

プレスリリース

平成23年9月1日

農林水産省

<2011国際森林年関連事業>「市民と森林をつなぐ国際森林年の集い in 岩手県盛岡市」の開催について

農林水産省は、岩手県盛岡市等との共催により、10月8日(土曜日)に「市民と森林をつなぐ国際森林年の集い in 岩手県盛岡市」と題したイベントを開催します。なお、イベントは公開です。カメラ撮影も可能です。

主旨

2011年は国際森林年です。「市民と森林をつなぐ国際森林年の集い」は、「次世代への継承」をキーワードに農林水産省等が開催する国際森林年記念事業です。盛岡市の集いでは、盛岡市内の森林公園での市民育樹祭や、映画「森聞き」の上映会、「次世代への継承-森の恵みを分かち合う」をテーマとしたシンポジウムを行います。

開催日時・会場

日時:平成23年10月8日(土曜日) 9時30分~16時45分

場所:外山森林公園、盛岡市中央公民館

プログラム

<第一部> 9時30分~12時 盛岡市市民育樹祭

<第二部> 12時45分~14時50分 映画「森聞き」上映会

<第三部> 15時~16時45分 国際森林年の集いシンポジウム

テーマ「次世代への継承-森の恵みを分かち合う」

1. 開催挨拶

2. キーノートスピーチ「国際森林年によせて」

飯塚 昌男氏(日本林業協会 会長・国際森林年国内委員会委員)

3. リレートーク「森の恵みを分かち合う」

コーディネーター:山本 信次氏(岩手大学 准教授)

スピーカー:

ハートフルワークいわて「森の交流を通じた子どもたちの心のケア」

多田 欣一氏(住田町長・国際森林年国内委員会委員)「地域材を使った仮設住宅プロジェクト」

吉野 奈保子氏(NPO法人 共存の森ネットワーク)「岩手県大槌町での震災聞き書き活動」

NPO法人 いわて森林再生研究会「大震災と森林ボランティアにできること」

高橋 幸男氏(釜石地方森林組合 参事)「震災復興とオフセット・クレジット」

4. おわりに

合唱 Waのまちもりおか 「森の恵み」

参加申し込み方法

入場は無料、定員は第一部100名、第二部・第三部共に300 名です。入場には事前申し込みが必要です。受付開始は9月7日(水曜日)9時からです。

定員になり次第、申込みを締め切らせていただきます。

 

お問い合わせ・お申込み先

盛岡市農林部林政課

TEL:019-626-7541

FAX:019-651-6248

電子メール:morioka@nousanson.jp

 photo

<添付資料>(添付ファイルは別ウィンドウで開きます。)

お問い合わせ先

林野庁森林整備部計画課
海外林業協力室
担当者:海外指導班 大川、上西
代表:03-3501-8111(内線 6146)
ダイヤルイン:03-3591-8449
FAX:03-3593-9565

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

リンク集


アクセス・地図