English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 報道発表資料 > 「森林保全と気候変動に関する閣僚級会合」の結果について


ここから本文です。

プレスリリース

平成22年10月27日

林野庁

「森林保全と気候変動に関する閣僚級会合」の結果について

平成22年10月26日、「森林保全と気候変動に関する閣僚級会合」が開催されましたので、その結果をお知らせします。

1.概要

 

「森林保全と気候変動に関する閣僚級会合」は、2012年までの途上国における森林減少及び劣化に由来する排出の削減等(REDD+ *)の取組を強化すべく国際社会の協調・連携を図るものとして設立された「REDD+パートナーシップ」の下で開催されました。

会合では、REDD+パートナーシップのこれまでの活動成果が報告されるとともに、今後の活動について議論されました。我が国からは、森林の造成や管理及び海外での森林・林業協力の経験や知見、またREDD+に係る研究体制を有していることを紹介し、その上で、技術的な観点からの取組みの重要性や、パートナーシップの活動を各国の取組みにつなげていくことが重要であること等について指摘しました。

本会合での議論の概要と2011年及び2012年の作業計画をまとめたものとして共同議長サマリーが発出されました。

*REDD+: REDD (Reducing Emissions from Deforestation and forest Degradation in developing countries)に森林保全を加えた活動

2.日時・場所

平成22年10月26日(火曜日)

名古屋国際会議場

所在地: 名古屋市 熱田区 熱田西町1番1号

 

3.参加者

前原 外務大臣、サミュエル・テイ・アバル パプアニューギニア外務貿易移民大臣が共同議長を務め、先進国及び途上国併せて62ヵ国の閣僚級等に加え、関係国際機関、NGO等が出席しました。林野庁からは、津元 森林整備部長ほかが参加しました。

4.その他

  (参考)

「森林保全と気候変動に関する閣僚級会合」の開催について

http://www.rinya.maff.go.jp/j/press/kaigai/101019.html

  

 

<添付資料>(添付ファイルは別ウィンドウで開きます。)

お問い合わせ先

森林整備部計画課海外林業協力室
担当者:武藤、小西
代表:03-3502-8111(内線6146)
ダイヤルイン:03-3501-8449
FAX:03-3593-9565

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

リンク集


アクセス・地図