English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 報道発表資料 > 「森林保全と気候変動に関する閣僚級会合」の開催について


ここから本文です。

プレスリリース

平成22年10月19日

林野庁

「森林保全と気候変動に関する閣僚級会合」の開催について

平成22年10月26日、「森林保全と気候変動に関する閣僚級会合」が開催されますので、お知らせします。会合は非公開です。

1. 概要

「森林保全と気候変動に関する閣僚級会合」は、気候変動対策の主要な論点である、途上国における森林減少及び劣化に由来する排出の削減等(REDD+ *)の取組を早急に進展させるために、平成22年5月に行われた「森林と気候変動に関するオスロ閣僚級会合」における合意に基づき開催されるものです。今回は、当会合において REDD+  に関するデータベース構築や現状分析を含む活動実績の検証するとともに、今後の活動の方向性が議論される予定です。

*REDD+: REDD (Reducing Emissions from Deforestation and forest Degradation in developing countries)に森林保全を加えた活動

2. 日時・場所

平成22年10月26日(火曜日)

名古屋国際会議場

所在地: 名古屋市 熱田区 熱田西町1番1号

3. 参加予定者

前原 外務大臣、サミュエル・テイ・アバル・パプアニューギニア外務貿易移民大臣が共同議長を務め、主要先進国、途上国、関係国際機関、NGO 及び先住民グループ等が参加します。林野庁からは、津元 森林整備部長が参加予定です。

4. その他

当会合は、非公開で行います。一般の方の傍聴は受け付けておりません。

お問い合わせ先

森林整備部計画課海外林業協力室
担当者:武藤、小西
代表:03-3502-8111(内線6146)
ダイヤルイン:03-3591-8449
FAX:03-3593-9565

ページトップへ

リンク集


アクセス・地図