English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 報道発表資料 > 「モントリオール・プロセス 第21回 総会」の結果について


ここから本文です。

プレスリリース

平成22年6月10日

林野庁

「モントリオール・プロセス 第21回 総会」の結果について

6月1日(火曜日)から4日(金曜日)に米国ハワイ州ヒロで開催された「モントリオール・プロセス 第21回 総会」の結果についてお知らせします。

1.モントリオール・プロセスとは

「モントリオール・プロセス」は、温帯林等の持続可能な経営のための基準・指標の作成と活用を進めることを目的として、1993年に始められた自主的な国際的取組です。我が国を含め、米国、カナダ、ロシア、中国等の12ヵ国が参加しており、2007年(平成19年)1月より、我が国が事務局となっています。

2.今次会合の結果概要

開催日時 平成22年6月1日(火曜日)から4日(金曜日)

開催地 ハワイ州ヒロ(米国)

 

会議では、基準・指標の一層の活用のために今後進めていく活動について検討が行われました。

結果については、以下のとおりです。

(1) 基準・指標に沿って収集されたデータのわかりやすい表示手法

基準・指標に沿って収集されたデータをもとに、森林や森林経営の状態を一般市民にわかりやすく示すための手法について検討されました。

(2) 森林劣化への基準・指標の適用可能性

森林の質的な悪化(森林劣化)を把握するために、基準・指標がどの程度利用できるかについて検討するため、各国でケーススタディを行うことになりました。

(3) IUFRO世界大会への取組

本年8月に韓国で開催される国際森林研究機関連合(IUFRO)の第23回世界大会で、基準・指標に関する2つの技術セッションを開催し、研究者間で議論を深めることになりました。

(4) 国際森林年への取組

国際森林年(2011年)への取組として、他の国際的な基準・指標プロセスや国連森林フォーラムと連携した活動を行うことにし、検討を進めていくことになりました。

(5) 新たなホームページの作成

機能やデザインを向上させたホームページを作成することになりました。

(6) 次回の総会等

次回の第22回総会の開催を検討したいとの提案が、カナダから出されました(時期未定)。また、第13回技術諮問委員会(TAC)は、第22回総会以降に開催されることになりました。

3.参加国等

モントリオール・プロセスの参加国12ヵ国のうち11ヵ国(米国、カナダ、ロシア、中国、メキシコ、アルゼンチン、チリ、豪州、ニュージーランド、韓国、日本)が参加しました。

4.我が国からの出席者

林野庁 森林整備部 計画課 海外森林資源情報分析官 後藤健、調査官 佐藤雄一

 

<添付資料>(添付ファイルは別ウィンドウで開きます。)

お問い合わせ先

森林整備部計画課海外林業協力室
担当者:佐藤、中嶋
代表:03-3502-8111(内線6146)
ダイヤルイン:03-3591-8449
FAX:03-3593-9565

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

リンク集


アクセス・地図