English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 報道発表資料 > 日中民間緑化協力委員会第10回会合の結果概要について


ここから本文です。

プレスリリース

平成21年7月8日

林野庁

日中民間緑化協力委員会第10回会合の結果概要について

7月2日(木曜日)に開催された、日中民間緑化協力委員会第10回会合の概要についてお知らせします。

1.日時・場所

平成21年7月2日(木曜日)13時30分~17時30分

外務省666会議室

2.出席者

【日本側委員】

小原雅博(こはらまさひろ)外務省アジア大洋州局参事官、小川正史(おがわまさし)外務省アジア大洋州局中国モンゴル課日中経済室長、矢部三雄(やべみつお)林野庁森林整備部計画課長

【中国側委員】

曲桂林(きょくけいりん)国家林業局国際合作司長、熊波(ゆうは)外交部アジア司参事官、劉立軍(りゅうりつぐん)国家林業局国際合作司双辺処長

3.議事内容

今次会合における議事内容の要点は以下のとおりです。

(1)2008年事業年度に実施した植林緑化事業の実施状況及び評価について

中国国内28省等に及ぶ広汎な地域において、我が国の民間団体など多様な実施主体により森林造成が行われ、中国における民間植林緑化協力の中でも主導的な取組となっている。

2008年事業年度実績は、74件、総植林面積約5,200 ha。開始以来9年間で約35,700 haの植林が実施された。

助成を終了した50件の助成事業を対象に、本年度、植林後の保護管理の状況について調査を行い、植栽後の林地が概ね良好に保たれていることを確認した。

2008年1月に中国南部で発生した大雪異常低温及び同年5月に発生した四川省大地震に対して、都江堰市の日中緑化協力指標林の復旧造林等により復旧に取り組んだ。 

 

(2)2009年事業年度における民間団体等への助成事業の実施方針について

日中民間協力の植林緑化部門における重要な柱としての役割を果たすとともに、当助成事業に対する日中両国の高い期待に応えるため、以下の方針について決定した。

 

(3)その他

開始10年目の節目を迎えた委員会事業のあり方として、以下の点について議論を行った。

4.次回会合について

平成22年6月から7月を目途に中国で開催することになりました。

お問い合わせ先

森林整備部計画課海外林業協力室
担当者:海外指導班・大川、山下
代表:03-3502-8111(内線6146)
ダイヤルイン:03-3502-8449
FAX:03-3593-9565

ページトップへ

リンク集


アクセス・地図