English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 報道発表資料 > 第8回国連森林フォーラム(UNFF8)結果概要


ここから本文です。

プレスリリース

平成21年5月11日

林野庁

第8回国連森林フォーラム(UNFF8)結果概要

4月20日(月曜日)~5月2日(土曜日)の間、国連本部(ニューヨーク)において、世界の森林の持続可能な経営の推進を目的とした「第8回国連森林フォーラム(UNFF8)」が、120ヶ国以上の国連加盟国等が出席して開催されました。

日時・場所

平成21年4月20日(月曜日)~5月2日(土曜日)

国連本部(アメリカ合衆国・ニューヨーク市)

出席者

100ヶ国以上の国連加盟国が出席したほか、森林に関連する国際機関、条約事務局、NGO等から合計600名以上の参加がありました。我が国からは、林野庁(後藤海外森林資源情報分析官、渡辺計画課海外企画班補佐)、外務省、環境省及び独立行政法人国際協力機構等から担当者が出席しました。

主要議題

2007年4月に開催された前回会合(UNFF7)で採択された「多年度作業計画(MYPOW)」に基づき、(ア)森林に関する4つの世界的な目標の達成状況と「すべてのタイプの森林に関する法的拘束力を持たない文書(NLBI)」の実施状況、(イ)気候変動、森林の減少・劣化、砂漠化、生物多様性の損失等への対応、(ウ)資金・技術協力等の持続可能な森林経営の実施手段等、について検討が行われました。

 議論の概要

世界の森林の持続可能な経営の推進に向けて、(ア)気候変動等の新たな課題に的確に対応していくための関連条約事務局(気候変動、生物多様性、砂漠化対処)等との連携強化とメッセージの発出が決定されましたが、(イ)資金・技術協力の効率的・効果的な推進のための方策等については合意に至らず、次回会合においてさらに検討を継続することとなりました。

なお、我が国としては、国際熱帯木材機関との共催により、我が国の海外林業協力について紹介するイベントを4月21日(火曜日)に実施し、多数の参加者から好評を得ました。

参考

(1)「全てのタイプの森林に関する法的拘束力を持たない文書(NLBI)」

森林に関する4つの世界的な目標((ア)森林の減少傾向の反転、(イ)森林由来の経済的・社会的・環境的便益の強化、(ウ)保護された森林及び持続可能な森林経営がなされた森林面積の大幅な増加と同森林からの生産物の増加、(エ)持続可能な森林経営のためのODAの減少傾向の反転)を掲げた上で、持続可能な森林経営の推進のために各国が講じるべき国内政策や措置、国際協力等を包括的に記述した文書。

(2)「多年度作業計画(MYPOW)」

NLBIの着実な実施を図っていくため、2015年までのUNFFでの検討事項を具体的に示したもので、(ア)毎回共通のテーマとして、森林に関する4つの世界的な目標の達成状況とNLBIの実施状況、(イ)各回の個別のテーマとして、気候変動等の環境問題への対応、人々の生活や貧困削減への対応及び経済発展への対応を掲げている。

(注)全てのタイプの森林に関する法的拘束力を持たない文書(NLBI):Non-Legally Binding Instrument on all types of forests

多年度作業計画(MYPOW):Multi-Year Programme Of Work

 

 


お問い合わせ先

森林整備部計画課海外林業協力室
担当者:海外企画班 渡辺、中嶋
代表:03-3502-8111(内線6146)
ダイヤルイン:03-3502-8700
FAX:03-3593-9565

ページトップへ

リンク集


アクセス・地図