English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 報道発表資料 > モントリオール・プロセス2009年概要レポート起草委員会の結果概要について


ここから本文です。

プレスリリース

平成21年3月9日

林野庁

モントリオール・プロセス2009年概要レポート起草委員会の結果概要について

 3月3日(火曜日)~6日(金曜日)の間、林野庁が主催し、持続可能な森林経営の基準・指標の作成と活用を進める国際的な枠組である「モントリオール・プロセス」の2009年概要レポートの起草委員会が、12ヵ国の参加により開催されました。

日時 

平成21年3月3日(火曜日)~6日(金曜日)

場所

三田共用会議所第2特別会議室(東京都港区三田 2-1-8)

出席者

モントリオール・プロセス全ての参加国12ヵ国(米国、カナダ、メキシコ、チリ、アルゼンチン、ウルグアイ、オーストラリア、ニュージーランド、ロシア、中国、韓国及び我が国)の森林関係行政官及び研究者が出席しました。

主要議題

(1)モントリオール・プロセス2009年概要レポートの作成について
(2)その他

結果の概要

(1)モントリオール・プロセス2009年概要レポートの作成について

モントリオール・プロセス全体としての取組を紹介する同レポートの作成に向けて、(ア)気候変動、(イ)生物多様性、(ウ)水、(エ)エネルギーの4課題を取り上げ、参加各国から、同レポートに盛り込むこととしている基準・指標に基づく優良な取組事例が紹介され、意見交換が行われました。今後、同レポートは、本年6月の第20回総会(韓国)を通じ内容を検討後、10月の第13回世界林業会議(アルゼンチン)までに取りまとめられる予定です。

(2)その他

本年6月の第20回総会(韓国)の議題、10月の第13回世界林業会議(アルゼンチン)におけるサイドイベントの実施等、モントリオール・プロセス全体の今後の活動スケジュールについて参加各国間で検討が行われました。

参考

(1)モントリオール・プロセスは、持続可能な森林経営のための「基準・指標」の作成・活用を目的に、1993年に欧州を除く温帯・寒帯林諸国(12ヵ国)が参加し発足した枠組。1994年以降、カナダが本プロセスの事務局を務めてきたが、2007年1月から我が国(林野庁)が事務局。

(2)「2009年概要レポート」は、モントリオール・プロセス全体としての取組を紹介するレポートで、参加12ヶ国で作成するもの。前回は2003年に作成・公表。本起草委員会及び本年6月の第20回総会(韓国)での検討後、10月の第13回世界林業会議で公表予定。

 

お問い合わせ先

森林整備部計画課海外林業協力室
担当者:海外林業協力室 佐藤、市川
代表:03-3502-8111(内線6146)
ダイヤルイン:03-3591-8449
FAX:03-3593-9565

ページトップへ

リンク集


アクセス・地図