English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 報道発表資料 > アジア森林パートナーシップ(AFP)第7回会合の開催について


ここから本文です。

プレスリリース

平成19年11月5日

林野庁

アジア森林パートナーシップ(AFP)第7回会合の開催について

アジアの持続可能な森林経営を推進するため、政府、国際機関、市民社会(NGO等)が協働して取り組むアジア森林パートナーシップの第7回会合が 11月12日(月曜日)~15日(木曜日)の間、横浜市にて開催されます。

日時

平成19年11月12日(月曜日)~15日(木曜日)

場所

神奈川県横浜市西区みなとみらい1-1-1パシフィコ横浜

参加者

【政府】日本、米国、オーストラリア、スイス、中国、インドネシア、マレーシア、インド等27カ国

【国際機関】国連食糧農業機関(FAO)、国際熱帯木材機関(ITTO)、国際林業研究センター(CIFOR)、世界銀行(WB)、地球環境戦略研究機関(IGES)等

【NGO等】ザ・ネイチャー・コンサーバンシー(TNC)、世界資源研究所(WRI)、世界自然保護基金(WWF)等

我が国政府からは、辻林野庁長官及び小町外務省地球環境問題担当大使のほか、林野庁、外務省、環境省の関係者が出席します。

主要議題

1.AFP第Ⅰフェーズ(2002年~2007年)の活動と成果の評価

2.AFP第Ⅱフェーズ(2008年~)の課題設定及び活動のあり方

11月13日(午後)及び14日(全日)には、参加者からアジアの森林保全等に関する様々な活動報告があります。なお、会議は全て英語で行われますが、14日のみ日・英同時通訳があります。

報道関係者の皆様へ

会合は公開で行われ、カメラ撮り、取材は随時可能です。

 

お問い合わせ先

森林整備部計画課海外林業協力室
担当者:海外企画班・宮薗、小西
代表:03-3502-8111(内線6146)
ダイヤルイン:03-3591-8449
FAX:03-3593-9565

ページトップへ

リンク集


アクセス・地図