English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 報道発表資料 > 新しい「屋久島世界遺産地域管理計画」の策定について


ここから本文です。

プレスリリース

平成24年10月1日

林野庁

新しい「屋久島世界遺産地域管理計画」の策定について

 林野庁、環境省、文化庁、鹿児島県及び屋久島町は、本日、現状に即した計画とするとともに、新たな知見を踏まえた遺産地域の管理を進めるため、新しい「屋久島世界遺産地域管理計画」を策定しました。

本件については、林野庁 九州森林管理局、環境省、環境省 九州地方環境事務所、鹿児島県及び屋久島町においても同時発表します。

1.経緯

林野庁、環境省、文化庁は、屋久島世界自然遺産地域について、平成7年11月に「屋久島世界遺産地域管理計画」を策定し、同計画に基づいた管理を行ってきました。

しかし、近年の登山者の増加やヤクシカの増加により、生態系や自然景観に影響を及ぼす恐れがでてきたこと等から、現状に即した計画とするとともに、新たな知見を踏まえた遺産地域の管理を進めるため、新しい「屋久島世界遺産地域管理計画」の策定に向け、国民の皆様からも意見をいただき検討を進めてきました。

本日、林野庁、環境省、文化庁、鹿児島県及び屋久島町は、新しい「屋久島世界遺産地域管理計画」を策定しました。

2.新しい「屋久島世界遺産地域管理計画」のポイント

新しい「屋久島世界遺産地域管理計画」のポイントは以下のとおりです。

(1)管理計画の策定者に、遺産地域に関わる管理主体として、鹿児島県及び屋久島町が新たに加わりました。

(2)管理に当たっての視点として、次のこと等を位置づけました。

(3)特にヤクシカについて、著しく生息数が増加し、生態系等への大きな影響が危惧されることから、特定鳥獣保護管理計画及び生態系維持回復事業計画を踏まえた個体数調整及び生態系の維持回復の方針を示しました。

(4)特定の登山道では登山者の増加により生態系等への影響が懸念されつつあることから、主要な登山道や地域毎に利用方針を定めた上で利用の適正化を図るとともに、エコツーリズムの推進方針を示しました。

3.公表先

「屋久島世界遺産地域管理計画」及び「屋久島世界遺産地域管理計画の概要」は、以下のホームページに掲載しておりますので、こちらをご覧ください。

http://www.rinya.maff.go.jp/kyusyu/press/keikaku/121001.html

4.参考

平成24年1月27日付プレスリリース

 屋久島世界遺産地域管理計画(案)に対する意見公募について

http://www.rinya.maff.go.jp/j/press/hozen/120127.html

お問い合わせ先

森林整備部研究・保全課森林保全推進室
担当者:森林環境保全班 大沼、櫻井
代表:03-3502-8111(内線6216)
ダイヤルイン:03-3501-3845
FAX:03-3502-2887

国有林野部経営企画課
担当者:森林環境保護班 高塚、柏
代表:03-3502-8111(内線6283)
ダイヤルイン:03-6744-2322
FAX:03-3592-6259

ページトップへ

リンク集


アクセス・地図