English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 報道発表資料 > 国連生物多様性の10年「グリーンウェイブ2012」の実施結果について


ここから本文です。

プレスリリース

平成24年8月7日

農林水産省
国土交通省
環境省

国連生物多様性の10年「グリーンウェイブ2012」の実施結果について

農林水産省、環境省及び国土交通省は、平成24年3月1日より6月15日までの期間、「グリーンウェイブ2012」への参加と協力を広く国内に呼び掛けました。

その結果、465団体、約18,000人の参加者の手により、約60,000本の植樹が行われました。

1.「グリーンウェイブ2012」の実施結果について

 生物多様性条約事務局は、国連が定める「国際生物多様性の日」(5月22日)に、世界各地の青少年、子どもたちの手でそれぞれの学校や地域などで植樹等を行うことを「グリーンウェイブ」活動として呼びかけています。世界各地において、現地時間の5月22日の午前10時に植樹などを行うことにより、この行動が地球上の東から西へ波のように広がっていく様子を、「緑の波(グリーンウェイブ)」と表現しています。また、国連は2011年から2020年までの10年間を「国連生物多様性の10年」と定めています。

このため、農林水産省、環境省及び国土交通省では、生物多様性に関する理解が社会に浸透するように、植樹をきっかけとした生物多様性の広報、教育、普及啓発を推進するため、3月1日より6月15日までの期間を「グリーンウェイブ2012」として広く参加を呼びかけました。

植樹等に御参加いただいた団体数等についてとりまとめたところ、以下の結果となりました。本キャンペーンに御理解と御協力を頂き、ありがとうございました。

 

(1)参加団体(グリーンウェイブ活動を計画及び実施した、または植樹等の行事に参加した団体)

     465団体

     別添1「グリーンウェイブ2012」参加団体一覧参照

(2)協力団体(苗木の提供、啓発事業等を実施した団体)

     144団体

     別添2「グリーンウェイブ2012」協力団体一覧参照

(3)植樹等の活動に参加した人数

     約18,000人

(4)植樹した本数

     約60,000本

 

<参考>国連生物多様性の10年について

国連は、世界的に生物多様性の損失に歯止めがかからない現状を踏まえ、2011年から2020年までの10年間を「国連生物多様性の10年(United Nations Decade on Biodiversity)」とすることを決定しました。

国連生物多様性の10年の目的は、国際生物多様性年(2010年)の成果を踏まえて、

などです。

詳細は、下記環境省「生物多様性の10年について」をご覧ください。

(URL)http://www.biodic.go.jp/biodiversity/misia/cop10.html

2.昨年度までの実施結果について

 

 

2011年

2010年

2009年

参加団体数

383

1,588

80

植樹した本数

79,000

254,000

3,500

参加者数

28,000

111,000

3,000

 

お問い合わせ先

林野庁 森林整備部 研究・保全課 森林保全推進室
担当者:里見、岸田
代表者:03-3502-8111(内線6217)
ダイヤルイン:03-3502-8243
FAX:03-3502-2887

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

リンク集


アクセス・地図