English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 報道発表資料 > 福島県の森林における土壌等に含まれる放射性セシウムの濃度の測定結果について


ここから本文です。

プレスリリース

平成24年3月1日

農林水産省

福島県の森林における土壌等に含まれる放射性セシウムの濃度の測定結果について

農林水産省は、平成23年度第2次補正予算により、福島県内の森林の落葉層と土壌に含まれる放射性セシウムの濃度の調査を実施し、その結果を地図上にとりまとめました。
調査の結果、

・落葉層と土壌の放射性セシウムの濃度の高い地点、1平方メートルあたりの放射性セシウムの蓄積量の多い地点の分布は、平成23年12月27日に公表した空間線量率の高い地点の分布と同じ傾向を示すこと

・ほぼ全ての調査点で土壌よりも落葉層の放射性セシウムの濃度の方が高いこと

などがわかりました。

今回の結果のみならず、他の調査や実証試験の結果等を踏まえながら、引き続き森林の除染や森林からの放射性物質の拡散防止等に向けた取組を進めてまいります。

1 調査結果

 福島県内の森林で採取した落葉層(落葉や落枝からなる堆積有機物層)及び土壌(表層5cmまで)の放射性セシウム(Cs-134、Cs-137)の濃度の測定結果を、濃度別に色分けを行い地図上に表示した分布地図を作成しました(別添1-1から1-5を参照ください。)。

(1)空間線量率と落葉層や土壌の放射性セシウム濃度との関係について
落葉層と土壌の放射性セシウムの濃度の高い地点や1平方メートルあたりの放射性セシウムの蓄積量(落葉層、土壌、落葉層と土壌の合計)の多い地点の分布は、平成23年12月27日に農林水産省が公表した空間線量率の高い地点の分布と同様の傾向を示しました。つまり、空間線量率が高い地点であるほど、落葉層や土壌の1キログラム当たりの放射性セシウム濃度や1平方メートル当たりの放射性セシウムの蓄積量が多い傾向であり、いずれも相互に正の相関があることがわかりました。


(2)同一調査点における落葉層と土壌の放射性セシウム濃度について

調査点毎の落葉層と土壌の放射性セシウムの濃度を比較すると、ほぼ全ての地点で土壌の放射性セシウムの濃度より落葉層の放射性セシウムの濃度の方が高いことがわかりました。



(3)文部科学省の航空機モニタリングによる測定結果との比較について
今回の測定結果による落葉層と土壌の合計の放射性セシウムの蓄積量を、文部科学省が実施・公表している航空機モニタリングによる放射性セシウムの沈着量の測定結果の分布図と同じ濃度別の色分けで重ね合わせたところ、放射性セシウムの蓄積量の高い地点の分布は概ね一致していましたが、航空機モニタリングの測定結果よりも低い地点がみられることがわかりました(別添2を参照ください。)。
これは、

・文部科学省が実施する森林地帯を対象とする航空機モニタリングでは、森林の上層部の樹冠等に分布している放射性セシウムからのガンマ線も含めて評価を行っているのに対し、今回の農林水産省の調査は、森林の地表部分だけの測定であること。

・独立行政法人 森林総合研究所が実施した森林内の放射性物質の分布状況の調査結果(平成23年12月27日付け農林水産省プレスリリース「森林内の放射性物質の分布状況調査結果について(第二報)」)から、常緑針葉樹林のスギ林やアカマツ林では地表部分の落葉層や樹冠の葉の放射性セシウムの濃度が高く、福島県川内村のスギ林では、森林内に分布している放射性セシウムの58%が地上部の樹木に、残りの21%が落葉層に、21%が土壌に分布していることが明らかとなっていること。

などから、このような違いが現れたものと考えられます。


(4)考察

以上のことから、特にスギやアカマツなどの常緑針葉樹の葉は、通常3~4年程度かけて地表面に落葉することから、森林の除染を進めるにあたっては、継続的な落葉層の除去を行っていくことが効果的と考えられます。

2 調査の目的

東日本大震災による東京電力福島第一原子力発電所の事故により、発電所周辺の広範囲の森林地域に大量の放射性物質が降下しました。
農林水産省は、放射性物質による森林の汚染状況について広範囲に把握することを目的として、平成23 年度第2 次補正予算により、福島県内の森林を対象とする空間線量率と土壌等に含まれる放射性物質の濃度の調査を実施し、今般、測定結果をとりまとめました。

3 調査の内容

(1)調査対象
調査の対象は、福島県内の森林全域とし、東京電力福島第一原子力発電所から80km 圏内の森林については概ね4km メッシュ相当で、80km 圏外では概ね10km メッシュ相当でそれぞれ調査点を設定し、合計391 箇所で調査を実施しました。

(2)調査方法
各調査点において、調査点周囲の東西南北方向の各1箇所ずつ計4箇所の落葉層及び土壌を採取し、それぞれ放射性セシウムの濃度及び調査点における地上1mの高さの空間線量率を測定(※1)しました。
調査点における放射性セシウムの濃度の値は、上記4箇所から採取した試料の平均値としました。(ただし、4箇所で採取できなかった地点は採取箇所数の平均値としました。)
また、それぞれの試料は採取時期や分析日が異なるため、基準日(※2)(平成23年10月13日)を設定して実測値を補正しました。

※1     落葉層及び土壌中の放射性セシウムの濃度については、ゲルマニウム半導体検出器によるガンマ線スペクトロメトリ-により測定し、空間線量率については、NaI(T1)シンチレーション式(または電離箱式)サーベイメータにより測定しました。

※2     基準日を平成23年10月13日としたのは、文部科学省の航空機モニタリングの測定結果との比較を行う観点からです。

4 今後の予定

農林水産省では、引き続き、独立行政法人 森林総合研究所や他の機関等とも連携しながら、森林内の放射性物質の分布状況等についての詳細な把握や、森林内における放射性物質の挙動についての調査を進めるとともに、現在、平成23年度第3次補正予算で実施している森林における放射性物質の拡散防止等の技術の検証・開発等の結果を踏まえ、技術的な指針をとりまとめる予定です。

 5 参考

お問い合わせ先

林野庁森林整備部研究・保全課森林保全推進室
担当者:山口、菊地
代表:03-3502-8111(内線6216)
ダイヤルイン:03-3501-3845
FAX:03-3502-2887

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

リンク集


アクセス・地図