English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 報道発表資料 > 森林の除染実証試験結果について(第二報)


ここから本文です。

プレスリリース

平成23年12月27日

農林水産省

森林の除染実証試験結果について(第二報)

農林水産省は、東京電力福島第一原子力発電所の事故により生じた放射性物質に汚染された森林について、除染等に向けた取組を進めています。

その一環として福島県郡山市の針葉樹林と落葉広葉樹林において、下草と落葉の除去による森林の除染実証試験を行っており、今般、計画していた実証試験が終了しました。

試験の結果、いずれの森林でも下草と落葉を除去することで、空間線量率は除去前の約6割から7割まで低減しました。また、その効果については、落葉広葉樹林の方が針葉樹林と比べて大きいこと、除去する面積を拡大しても次第に低減効果が緩やかになること、などがわかりました。

1 実証試験の概要

森林内の放射性物質の分布に関するこれまでの調査 により、森林に降下した放射性物質の多くが葉や落葉に分布しており、これらの除去が森林除染の有効な方法と考えられますが、効果を裏付ける実証的なデータを積み重ねていくことが必要です。

そこで、「独立行政法人 森林総合研究所」(以下、「森林総研」という。)が福島県林業研究センターの協力を得て、福島県郡山市の福島県林業研究センター多田野試験林において、下草と落葉(落葉や落枝からなる堆積有機物層)の除去による森林除染の効果を調べました。

具体的には、針葉樹林(スギ・ヒノキ人工林)及びコナラが優占する落葉広葉樹林において、それぞれ林内の中腹に設置した調査点を中心に、下草と落葉を徐々に除去した場合の調査点の空間線量率の変化と、除去による下草と落葉の発生量を測定しました。

※ 針葉樹林の試験結果の一部については、去る9月30日にお知らせしたところです。(平成23年9月30日付「森林内の放射性物質の分布状況及び分析結果について(中間とりまとめ)」)。

2 試験結果

針葉樹林と落葉広葉樹林とも、調査点を中心に20m×20mの範囲で下草と落葉を除去したところ、除去前後の調査点の空間線量率(地上1m)は、

といずれも低減しました。

なお、落葉広葉樹林の方が針葉樹林に比べて除去による空間線量率の低減効果が大きい結果となりました(除去前に比べ、落葉広葉樹林で約6割、針葉樹林で約7割まで低減)。

また、除去範囲の拡大とともに、空間線量率の低下する範囲は広がりますが、次第に低減効果は緩やかになりました。

一方、除去に伴い発生する落葉等の量は面積に比例して増加し、調査点を中心に20m×20mの範囲を除去した際に発生した下草と落葉の重量は、除去直後に測定した重さ(湿重量)で、針葉樹林で約1,112kg、落葉広葉樹林で約1,270kgとなりました。除去にあたっては、森林の保全や放射性物質の再拡散防止の観点から降雨等により除去後に露出した表土を流出させないことも必要ですので、一度に広範囲を除去するのではなく、様子を見ながら徐々に面積を拡げていくことが適当と考えられます。

3 今後の予定

以上の結果から、9月30日にお知らせした森林の除染のポイントについては、改めて適切であることが確認できました。

農林水産省としても、引き続き森林総研や他の機関とも連携しながら、森林における除染等の技術開発や実証を進めていくこととしております。

 

〈参考〉

平成23年9月30日付プレスリリース「森林内の放射性物質の分布状況及び分析結果について(中間とりまとめ)」

http://www.rinya.maff.go.jp/j/press/hozen/110930.html

 

<添付資料>(添付ファイルは別ウィンドウで開きます。)

お問い合わせ先

林野庁森林整備部研究・保全課
担当者:出江、丸山、山口
代表:03-3502-8111(内線6211、6212、6216)
ダイヤルイン:03-6744-2311、03-3501-3845
FAX:03-3502-2104、03-3502-2887

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

リンク集


アクセス・地図