English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 報道発表資料 > ユネスコエコパークへの宮崎県「綾地域」の推薦について


ここから本文です。

プレスリリース

平成23年9月29日

林野庁

ユネスコエコパークへの宮崎県「綾地域」の推薦について

 9月28日、「日本ユネスコ国内委員会 自然科学委員会 人間と生物圏計画分科会」において、宮崎県の「綾地域」をユネスコエコパークに推薦することが決定されました。

本件は、文部科学省においても、同時に発表しています。

1.ユネスコエコパークへの宮崎県「綾地域」の推薦について

ユネスコエコパーク※は、生物多様性の保全、持続可能な開発、学術研究支援を目的として、1976年(昭和51年)にユネスコが開始した制度です。

9月28日、「日本ユネスコ国内委員会 自然科学委員会 人間と生物圏計画分科会」(事務局:文部科学省)において、2012年(平成24年)のユネスコでの登録に向けて、「綾の照葉樹林プロジェクト」の対象地域を中心とした宮崎県の「綾地域」を推薦することが、決定されました。

※英名:Biosphere Reserves (BR)

2.「綾地域」の概要について

・綾川流域は、東アジアの照葉樹林帯の北限付近にあり、多くの日本固有種で構成されています。また、日本の照葉樹自然林が最大規模で残されているほか、高標高域にはブナが優先する自然林が現存しています。

・林野庁九州森林管理局では、平成16年から、宮崎県・綾町・公益財団法人 日本自然保護協会・てるはの森の会の5者との協働により、学術的にも貴重な宮崎県綾川流域に残された日本最大級の原生的な照葉樹林を厳正に保護するとともに、この照葉樹林の周辺に存在する二次林※や人工林を照葉樹林に復元することを目指す「綾の照葉樹林プロジェクト」に取り組んでいます。

・有機農業等との連携でのエコツーリズムを通じ、自然と人間の共存に配慮した地域振興策等が行われています。

 ※二次林:その土地に本来あった森林が、台風や噴火などの自然災害や伐採などによって失われ、その後に自然に再生した森林

 

お問い合わせ先

森林整備部研究・保全課森林保全推進室
担当者:森林環境保全班 山口、櫻井
代表:03-3502-8111(内線6216)
ダイヤルイン:03-3501-3845
FAX:03-3502-2887

国有林野部経営企画課
担当者:森林環境保護班 善行、小出
代表:03-3502-8111(内線6283)
ダイヤルイン:03-6744-2322
FAX:03-3592-6259

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

リンク集


アクセス・地図