English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 報道発表資料 > <2011国際森林年関連事業>「第10回聞き書き甲子園研修会 開講式」の開催及び開講式の聴講について


ここから本文です。

プレスリリース

平成23年8月4日

農林水産省

<2011国際森林年関連事業>「第10回聞き書き甲子園研修会 開講式」の開催及び開講式の聴講について

8月11日に第10回「聞き書き甲子園研修会 開講式」が東京都現代美術館で開催されます。

本開講式は、国際森林年フィルムの上映やトークイベントのラジオ公開収録などを併せて行います。

なお、開講式は一般公開で行われ、カメラ撮影も可能です。また、一般の方も聴講できますので、ふるってご参加下さい。

趣旨

今年で第10回を迎える「聞き書き甲子園」は、全国の高校生が、森や海、川とともに生きる知恵や技を持つ名人を訪ね、その知恵や技術、人となりを聞き書きし、記録する活動です。その参加高校生が一堂に会する研修会(※1)の開講式が、8月11日東京都現代美術館講堂で開催されます。

今回は、現在開催中の「フレデリック・バック展」(※2)(開催期間:7月2日~10月2日、場所:東京都現代美術館)を記念して同美術館を開催場所としました。

当日は、併せてスタジオジブリの男鹿和雄監督作品『種山ヶ原の夜』や「聞き書き甲子園」を描いたドキュメンタリー映画『森聞き』を上映するほか、『いとうせいこう GREEN FESTA』(文化放送ラジオ番組)の公開収録を兼ねたトークイベントを開催します。

※1)8月11日~14日の3泊4日、全国から集まった参加高校生70名が、高尾の森わくわくビレッジにて研修を行います。12日に「聞き書き」の手法を学ぶ実習を行うほか、13日には佐川急便 株式会社の社有林「高尾100年の森」にて体験プログラムを実施します。また、富士フイルムホールディングス 株式会社の協力を得て、写真撮影講習を行います。

※2)人と自然をテーマに数多くの作品を描くカナダ在住のアニメーション作家。「木を植えた男」は、アカデミー賞短編アニメ賞を受賞。東京都現代美術館で行われる今回の展覧会は、スタジオジブリの協力により実現。

開催日時・会場等

1.日時:平成23年8月11日(木曜日) 午前の部:10時開場、午後の部:13時開場

2.場所:東京都現代美術館 講堂(地下1階)

〒135-0022東京都 江東区 三好4-1-1 電話:03-5245-4111(代表)

3.参加者:「聞き書き甲子園」参加高校生及び関係者100名が参加します。

プログラム

≪午前の部≫

10時20分 開会挨拶・映画紹介(塩野米松氏、フレデリック・バック展関係者)

10時30分 映画『種山ヶ原の夜』(男鹿和雄監督作品、スタジオジブリ制作)上映

主な内容:宮沢賢治の作品をもとに描いたアニメーション。炭焼きをする伊藤青年が樹霊たちと出会い、木を伐るべきか否かをやりとりする不思議な一夜の物語。

≪午後の部≫

13時30分 主催者挨拶

13時45分 映画『森聞き』(柴田昌平監督作品、プロダクション・エイシア制作)上映

主な内容:「聞き書き甲子園」に参加した高校生と名人との出会いを描く長編ドキュメンタリー。国際森林映画祭出展作品。平成23年度児童福祉文化賞受賞。2010年度日本映画ペンクラブ文化映画部門3位。

16時10分 トークショー(文化放送ラジオ番組「いとうせいこう GREEN FESTA」の公開収録)

テーマ:「自然と向きあう新しい暮らし方~森と人との結びつき~」

ゲスト:塩野米松氏(作家)、阿川佐和子氏(インタビュアー)、聞き書き甲子園卒業生

司会:いとうせいこう氏、石川真紀氏(アナウンサー)

17時10分 終了

聴講参加方法等

1.定員:午前の部150名、午後の部100名

2.参加方法:開講式当日、午前10時から東京都現代美術館メインエントランスにて入場券(午前の部または午後の部のいずれか参加希望する部を受付へお申し出下さい。なお、午前・午後両方の参加も可能です。)を配布し、先着順にて受付し定員となり次第締切となります。

3.参加費:無料(ただし、「フレデリック・バック展」への入場には、別途観覧チケットが必要となります。)

主催等

(主催) 

第10回聞き書き甲子園実行委員会(農林水産省/文部科学省/社団法人 国土緑化推進機構/社団法人 全国漁港漁場協会/全国内水面漁業協同組合連合会/NPO法人 共存の森ネットワーク)

(共催)

東京都/文化放送

(特別支援)

株式会社 ファミリーマート

(協賛・協力)

富士フイルムホールディングス 株式会社/トヨタ自動車 株式会社/東京ガス 株式会社/アサヒビール 株式会社/京王電鉄 株式会社/株式会社 ティムコ/株式会社 トンボ/環境文化創造研究所/佐川急便 株式会社/パナソニック 株式会社/公益財団法人 損保ジャパン環境財団/財団法人 一ツ橋文芸教育振興会/日本テレビ放送網/国際森林年国内委員会事務局

(後援)

環境省/全国知事会/全国市長会/全国町村会/経済同友会/経団連自然保護協議会

 (助成)

日本財団

お問い合わせ先

(森の部門担当)
林野庁森林整備部研究・保全課森林保全推進室
担当者:冨永、菊地
代表:03-3502-8111(内線6216)
ダイヤルイン:03-4501-3845
FAX:03-3502-2887
(海・川の部門担当)
水産庁漁港漁場整備部計画課
担当者:小林、今田
代表:03-3502-8111(内線6844)
ダイヤルイン:03-3501-3082
FAX:03-3581-0326
(聞き書き甲子園研修会全般)
聞き書き甲子園実行委員会事務局
NPO法人 共存の森ネットワーク 森山、磯野
TEL:03-6450-9563
E-mail:info@foxfire-japan.com

ページトップへ

リンク集


アクセス・地図