English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 報道発表資料 > 「知床世界自然遺産地域管理計画」の策定について


ここから本文です。

プレスリリース

平成21年12月22日

林野庁

「知床世界自然遺産地域管理計画」の策定について

知床世界自然遺産地域は、平成16年に策定された「知床世界自然遺産候補地管理計画」などに基づいて、関係行政機関や関係団体により保全管理が行われています。

環境省、林野庁、文化庁及び北海道は、知床の保全状況に関する世界遺産委員会の決議内容等を踏まえ、有識者からなる知床世界自然遺産地域科学委員会の助言を得つつ、現行の知床世界自然遺産候補地管理計画を全面的に見直し、関係行政機関からなる知床世界自然遺産地域連絡会議の合意を得て「知床世界自然遺産地域管理計画」を決定いたしました。

 

1.概要

知床世界自然遺産地域管理計画(以下「管理計画」という。)は、関係行政機関や関係団体が緊密な連携を図り、知床世界自然遺産地域(以下「遺産地域」という。)を適正かつ円滑に管理することを目的として、各種制度の運用及び各種事業の推進等に関する基本的な方針を明らかにするものです。

知床世界遺産地域は急峻な山々、切り立つ断崖や流氷等の優れた自然景観を有しているとともに、シマフクロウ、オオワシ等の国際的希少種の重要な繁殖地や越冬地であり、ヒグマが高密度に生息しているなど、日本でも原生的な自然環境が残されている数少ない地域です。世界遺産の登録の際には「生態系」と「生物多様性」について高く評価されており、遺産地域の管理に当たっては、生態系と生物多様性の価値を維持し、多様な野生生物を含む原生的な自然環境を後世に引き継いでいくことを目標としました。

管理計画では自然環境や社会環境等の遺産地域の概要をまとめるとともに、地域との連携・協働等の管理に当たって必要な視点を記述し、陸上生態系や海域の保全、自然の適正な利用等の10の項目について管理の方策を定めています。

2.知床世界自然遺産候補地管理計画からの変更点 

知床世界自然遺産候補地管理計画からの主な変更点は、以下のとおりです。

3.知床世界自然遺産地域管理計画等の入手方法 

「知床世界自然遺産地域管理計画」と「知床世界自然遺産地域管理計画の概要」と「知床世界自然遺産管理計画と候補地管理計画の対照表」は、以下のホームページにて閲覧可能です。

    http://www.rinya.maff.go.jp/hokkaido/  

 

知床世界自然遺産地域管理計画の付属資料である「知床世界自然遺産地域多利用型統合的海域管理計画」と「知床半島エゾシカ保護管理計画」は、以下のホームページにて閲覧可能です。

    http://dc.shiretoko-whc.com/management/kanri.html 

 

なお、環境省、北海道においても同時発表しております。


 

お問い合わせ先

森林整備部研究・保全課森林保全推進室
担当者:森林環境保全班 山口孝、中村孝(世界自然遺産関係)
代表:03-3502-8111(内線6216)
ダイヤルイン:03-3501-3845
FAX:03-3502-2887

国有林野部経営企画課
担当者:森林環境保護班 近藤匡、善行宏
代表:03-3502-8111(内線6283)
ダイヤルイン:03-6744-2322
FAX:03-3592-6259

ページトップへ

リンク集


アクセス・地図