English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 報道発表資料 > 第7回「森の“聞き書き甲子園”」の実施について


ここから本文です。

プレスリリース

平成20年5月15日

林野庁
文部科学省

第7回「森の“聞き書き甲子園”」の実施について

第7回「森の“聞き書き甲子園”」の実施に当たり、参加を希望する高校生等を募集します。

趣旨

「森の“聞き書き甲子園”」は、全国の高校生100人が森とともに生きる知恵や技を持つ「森の名手・名人」を訪ね、その知恵や技術、人となりを“聞き書き”し、記録する活動です。毎年、この“聞き書き”に参加した高校生が、「森の名手・名人」との世代を超えた交流を通して、森林からの豊かな恵みやそこに暮らす人々の営み、地域の伝統・文化などについて学び、その成果をフォーラムや作品集で発表しています。今年度、第7回「森の“聞き書き甲子園”」の実施に当たり、参加を希望する高校生等を募集します。

募集内容

○参加資格:高等学校等に在席する生徒(定時制、通信制の高等学校、高等専修学校、特別支援学校(盲学校、聾学校及び養護学校)高等部等に在席する生徒も含みます。)

○募集期間:平成20年5月15日(木曜日)~7月1日(火曜日)(必着)

○募集定員:100名(各都道府県教育委員会からの推薦者を含む)

○応募方法:参加申込書及び参加希望動機を書いた作文(原稿用紙1枚400字程度)を「森の“聞き書き甲子園”」実行委員会事務局あて7月1日(火曜日)(必着)までに郵送して下さい※参加申込書は次のホームページからダウンロードできます。→http://www.foxfire-japan.com

○参加費:無料

第7回「森の“聞き書き甲子園”」のスケジュール

1.参加高校生の決定(8月上旬)

2.聞き書き研修会(専門家による聞き書き研修)

(1)日程:平成20年8月11日(月曜日)~14日(木曜日)

(2)場所:高尾の森わくわくビレッジ(東京都八王子市)

3.聞き書き取材

9月~12月の間に原則2回、各地で活躍する「森の名手・名人」を訪問し、聞き書きを実施。

4.フォーラム

平成21年3月29日に東京都内で開催されるフォーラムにおいて、高校生の代表者が「聞き書き」の成果を発表。

主催等

(主催)

森の“聞き書き甲子園”実行委員会(林野庁/文部科学省/(社)国土緑化推進機構/NPO法人共存の森ネットワーク)

(特別支援)

株式会社ファミリーマート

(協賛)

松下電器産業株式会社、富士フイルム株式会社、トヨタ自動車株式会社、東京ガス株式会社、環境文化創造研究所

(協力)

京王電鉄株式会社、アサヒビール株式会社、株式会社ティムコ、株式会社トンボ、財団法人損保ジャパン環境財団、財団法人一ツ橋文芸教育振興会

(後援)

環境省、全国知事会、全国市長会、全国町村会、経済同友会、日本経済団体連合会自然保護協会

 


 

お問い合わせ先

森林整備部研究・保全課森林保全推進室
担当者:下堂、湊
代表:03-3502-8111(内線6216)
ダイヤルイン:03-3501-3845
FAX:03-3502-2887

文部科学省生涯学習政策局生涯学習推進課
民間教育事業振興室
担当者:中川
TEL:03-5253-4111(内線2092)

森の“聞き書き甲子園”実行委員会事務局
NPO法人共存の森ネットワーク
TEL:03-5366-0766
E-mail:info@foxfire-japan.com

ページトップへ

リンク集


アクセス・地図