English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 報道発表資料 > 第6回「森の“聞き書き甲子園”」参加高校生と「森の名手・名人」の組み合わせの決定について


ここから本文です。

プレスリリース

平成19年9月21日

林野庁

文部科学省

 

第6回「森の“聞き書き甲子園"」参加高校生と「森の名手・名人」の組み合わせの決定について

第6回 森の“聞き書き甲子園"-FOXFIRE IN JAPAN-

主催:森の“聞き書き甲子園"実行委員会

(林野庁、文部科学省、(社)国土緑化推進機構、NPO法人樹木・環境ネットワーク協会)

特別支援:株式会社ファミリーマート

協賛:松下電器産業株式会社、富士フイルム株式会社、トヨタ自動車株式会社、東京ガス株式会社、環境文化創造研究所

協力:京王電鉄株式会社、アサヒビール株式会社、株式会社ティムコ、株式会社トンボ、財団法人損保ジャパン環境財団、財団法人一ツ橋文芸教育振興会

後援:全国知事会、全国市長会、全国町村会、経済同友会、日本経済団体連合会自然保護協議会

 

第6回森の“聞き書き甲子園"実行委員会では、資料1(PDF:218KB)のとおり、「森の名手・名人」と聞き書きを行う高校生の組み合わせを行いました。

聞き書きには、このたび、(社)国土緑化推進機構が「森の名手・名人」として新たに選定した88人とこれまでに選定された12人の「森の名手・名人」に御協力をいただくこととなっています。

なお、「森の名手・名人」及び参加高校生への取材につきましては、資料2(PDF:135KB)のとおりとさせていただきますので、よろしくお願いいたします。

 

(注)「森の名手・名人」とは、森に関わる生業や地域生活に染み込んだ営為※うち、すぐれた技をもってその業を究め、他の技術・技能者、生活者たちの模範となっている達人のことをいいます。

※例:きこり、筏師、枝打ち、マタギ、蛇捕り、樽職人等

お問い合わせ先

(問い合わせ先)
林野庁研究・保全課
担当:有村、湊
代表:03-3502-8111(内線6216)
直通:03-3501-3843
文部科学省生涯学習推進課
担当:濱口、大菅   
代表:03-5253-4111(内線2637、2642)
直通:03-6734-2092  

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

リンク集


アクセス・地図