English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 報道発表資料 > 「野生鳥獣による森林被害対策を考えるシンポジウム」及び「野生鳥獣による森林生態系への被害対策技術開発事業・成果報告会」の開催について


ここから本文です。

プレスリリース

平成24年2月13日

林野庁

「野生鳥獣による森林被害対策を考えるシンポジウム」及び「野生鳥獣による森林生態系への被害対策技術開発事業・成果報告会」の開催について

林野庁は、平成24年3月2日(金曜日)13時から農林水産省7階講堂で「野生鳥獣による森林被害対策を考えるシンポジウム」を開催します。また、翌日3日(土曜日)9時から南青山会館で「野生鳥獣による森林生態系への被害対策技術開発事業・成果報告会」を開催します。
いずれも公開で撮影も可能です。

1.趣旨

近年、各地の森林では、個体数が著しく増加したシカにより、植栽木の食害、剥皮等の林業被害が発生しています。また、下層植生の喪失、樹木の枯死による森林の衰退、それによる植生の単純化、土壌流出などが起こり、森林生態系全体に深刻な影響を及ぼしています。このことは林業経営上の問題にとどまらず、生物多様性や景観保全の観点からも深刻な問題となっています。

こうした問題に対する効果的な対策や体制整備などについて、関係者からの情報提供や意見交換を行い、今後の被害対策に活かすことを目的とします。

 

2.開催日時・会場

野生鳥獣による森林被害対策を考えるシンポジウム

日時:  平成24年3月2日(金曜日)13時00分~17時30分(開場12時00分)

会場:  農林水産省 本館7階 講堂

所在地:  東京都 千代田区 霞が関1-2-1

野生鳥獣による森林生態系への被害対策技術開発事業・成果報告会

日時:  平成24年3月3日(土曜日)9時00分~16時00分(開場8時30分)

会場:  農林水産省共済組合「南青山会館」大会議室

所在地: 東京都 港区 南青山5-7-10 
 

3.プログラム

野生鳥獣による森林被害対策を考えるシンポジウム(3月2日(金曜日))

第1部: 野生鳥獣による森林被害対策に関する情報提供

  1. 林野庁の取組の概要(林野庁 研究・保全課 森林保護対策室)
  2. 自治体における広域的な取組事例(長野県 森林づくり推進課 野生鳥獣対策室)
  3. 国有林における取組事例(九州森林管理局)
  4. 研究者からの情報提供(独立行政法人 森林総合研究所)
  5. 技術開発事業の取組状況(株式会社 野生動物保護管理事務所)

第2部:パネルディスカッション「野生鳥獣被害対策を如何に成功させるか」

パネリスト

野生鳥獣による森林生態系への被害対策技術開発事業・成果報告会(3月3日(土曜日))

1.被害の評価技術と防除の組み立て

2.柵による防除と森林再生技術

3.捕獲によるシカの密度管理

 

4.参加の可能人数

野生鳥獣による森林被害対策を考えるシンポジウム(3月2日(金曜日))

300名程度(定員を超えた場合には、その時点でお申込みを締め切らせていただきますので、あらかじめご承知おきください。 )

野生鳥獣による森林生態系への被害対策技術開発事業・成果報告会(3月3日(土曜日))

100名程度(定員を超えた場合には、その時点でお申込みを締め切らせていただきますので、あらかじめご承知おきください。 )

 

5.申込要領

申込方法

参加費は無料です。参加を希望される方は、インターネットにて、以下のURLの開催案内からお申込みください。
なお、電話によるお申込みはお受けしておりませんので、ご了承ください。

   申込先:株式会社野生動物保護管理事務所のホームページ

http://www.wmo.co.jp/modules/osirase/index.php?page=article&storyid=26

締切

平成24年2月23日(木曜日)17時00分 

お問い合わせ先

株式会社 野生動物保護管理事務所

    森林環境保全総合対策事業  事務局(担当:三井、羽澄)
〒194-0215  東京都 町田市 小山ヶ丘1-10-13

    メールアドレス  houkoku.wmo@gmail.com

 

6.報道関係者の皆様へ

報道関係者で取材を希望される方には、参加者と別の席を御用意いたしますが、資料準備等の関係がございますので、インターネットにより、平成24年2月23日(木曜日)17時00分までに、傍聴と同様にお申込みください。その場合は、報道関係者である旨を必ず明記してください。(入力フォームで選択ができます。)

また、当日は受付で記者証をご提示していただきますので予めご承知願います。

 

7.留意事項

参加に当たり、次の留意事項を遵守してください。これらを守れない場合は、参加をお断りすることがあります。

(1)事務局の指定した場所以外の場所に立ち入らないこと。

(2)携帯電話等の電源は必ず切って傍聴すること。

(3)傍聴中は静粛を旨とし、以下の行為を慎むこと。

(4)銃砲刀剣類その他危険なものを議場に持ち込まないこと。
(5)その他、事務局職員の指示に従うこと。

お問い合わせ先

森林整備部研究・保全課森林保護対策室
担当者:保護指導班  久保、高橋
代表:03-3502-8111(内線6214)
ダイヤルイン:03-3502-1063
FAX:03-3502-2104

ページトップへ

リンク集


アクセス・地図