English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 報道発表資料 > 平成19年梅雨前線豪雨、台風4号等に係る災害関連緊急治山等事業の採択について


ここから本文です。

プレスリリース

平成19年8月7日
林野庁

 

平成19年梅雨前線豪雨、台風4号等に係る災害関連緊急治山等事業の採択について

 この度、下記のとおり、平成19年7月の梅雨前線豪雨、台風4号及び7月豪雨によって発生した山地災害に関し、特に緊急を要する熊本県ほか11県の32箇所について、災害関連緊急治山等事業(民有林治山関係)として、事業費約25億11百万円により8月7日採択しましたので、お知らせします。
 なお、現在手続き中の箇所についても、採択し次第お知らせします。

 

 林野庁では、従来より集中豪雨等によって発生した山地災害のうち、次期降雨等により荒廃の拡大や土砂等の流出が懸念される箇所については、災害関連緊急治山等事業として迅速に採択し、緊急に復旧整備することとしており、今回採択された箇所はこれに該当するものです。

 

 

梅雨前線豪雨、台風4号等に係る災害関連緊急治山事業の採択 単位:金額:百万円 

県名 災害関連緊急治山事業 災害関連緊急地すべり防止事業 合計
箇所数 採択額 箇所数 採択額 箇所数 採択額
新潟県 1 63       1 63
長野県 2 42 1 91 3 133
和歌山県 1 37         1 37
島根県 1 40         1 40
徳島県 3 122       3 122
高知県 2 230       2 230
福岡県 2 78       2 78
長崎県 1 82       1 82
熊本県 8 617       8 617
大分県 1 66       1 66
宮崎県 2 86       2 86
鹿児島県 7 959       7 959
合計 31 2,421       32 2,511

(注) 四捨五入のため、計が一致しない。

 

お問い合わせ先

林野庁森林整備部治山課山地災害対策室
担当:村上、葛西
代表:03-3502-8111(内線6197)
直通:03-3501-4756

ページトップへ

リンク集


アクセス・地図