English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 報道発表資料 > 平成18年特用林産物の生産量(速報)


ここから本文です。

プレスリリース

平成19年5月23日
林野庁

 

平成18年特用林産物の生産量(速報)

1 概要

 乾しいたけは前年より減少、生しいたけは横ばいとなった。エリンギ、ぶなしめじは前年に引き続き増加している。また、たけのこは前年より増加している。

2 生産量(速報値)

 単位:トン
品目 18年 17年 対前年比
乾しいたけ 3,861 4,091 94%
生しいたけ 66,251 65,186 102%
なめこ 25,623 24,801 103%
えのきたけ 114,601 114,542 100%
ひらたけ 3,391 4,074 83%
ぶなしめじ 103,249 99,787 103%
まいたけ 45,985 45,111 102%
エリンギ 36,435 34,342 106%
まつたけ 65 39 166%
 単位:トン
たけのこ 26,932 23,201 116%
 単位:トン
白炭 3,559 3,779 94%
黒炭 13,660 14,476 94%
竹炭 1,340 1,482 90%
 単位:キロリットル
木酢液 3,376 3,110 109%
竹酢液 521 581 90%

注:主要品目生産量の確定値を含む特用林産物の生産動向の公表については、8月を予定しています。


お問い合わせ先

 林野庁経営課
 特用林産対策室 特用林産企画班
 担当:眞城、石井
 電話:03-3502-8111(内線6086,6087)
 直通:03-3502-8059

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

リンク集


アクセス・地図