English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 報道発表資料 > 「美しい森林づくり推進国民運動」の展開について


ここから本文です。

プレスリリース

平成19年2月19日
林野庁

 

「美しい森林づくり推進国民運動」の展開について

1 概要

 2月9日の閣僚懇談会において、安倍総理大臣より、我が国には古来から木の文化があり、森林が「美しい国、日本」の礎となるよう、国民の皆様とともに、政府一体となって、「美しい森林づくり」を進めていくべき旨の発言があり、農林水産大臣に対して、運動の進め方や政府の取組のあり方について、検討指示が出されました。
 これを受けて、本日、農林水産大臣から総理に取組内容等を報告し了承されましたので、今後、次の内容の取組を展開することとしております。

2 取組の枠組

国民の幅広い理解と協力のもと、森林づくりへの参画促進、木材利用、地域づくりを政府一体となって進めていくため、次の枠組のもと、「美しい森林づくり推進国民運動」を展開

 (1) 「美しい森林づくりのための関係閣僚による会合」の開催

 官房長官主催による閣僚会合を2月中に開催し、運動の基本方針を決定し、政府全体で取り組むメッセージを国民に発信

関係府省庁: 環境省、国土交通省、経済産業省、総務省、文部科学省、厚生労働省、内閣官房(地域再生)、農林水産省

 

 (2) 関係府省庁の連携強化

 (1)の閣僚会合における取り決めに基づき、内閣官房主催による関係府省庁の局長級の連絡会議、課長級の幹事会を開催し、進捗状況を確認しながら運動を展開
 また、今回の総理報告を受けて、農林水産省において、大臣を本部長とする推進本部を設置して、円滑かつ効果的な運動の展開を図るための体制を整備

 

 (3) 官民一体となった運動

 各界(経済界、NPO、地方自治体、農林水産業界等)の代表からなる「美しい森林づくり全国推進会議」(仮称)を設置して、全国的な運動方針を決定するなど、各分野の連携を図りつつ、森林づくり運動を推進。
 各都道府県等において民間主導による「地方推進会議」を設置して、地域の実情に応じた、具体的な森林づくり活動を推進。(シンポジウムの開催、指導者の養成、民間サポーターの組織化等)

3 取組の内容

関係者が連携して、例えば、次のような取組を展開

  • 社内外ボランティアの森林づくりへの参加
  • 自社保有林の整備による森林づくりの推進
  • 基金等を活用した森林づくりへの参加
  • 森林ボランティア活動への国民参加の呼びかけ
  • 森林環境教育の推進
  • 森林組合を中心に、自己所有林の現状把握と具体的施業計画の策定の推進 (森林整備地域活動支援交付金の活用)
  • 里山整備の推進
  • 国産材利用の拡大

 

お問い合わせ先

農林水産省林野庁森林整備部計画課
担当:小坂、諏訪、大竹
代表:03-3502-8111(内線6194~6)
直通:03-3502-8700

ページトップへ

リンク集


アクセス・地図