English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 報道発表資料 > 平成18年度林野庁主催国際会議の結果概要について


ここから本文です。

プレスリリース

平成18年8月8日
林野庁

 

平成18年度林野庁主催国際会議の結果概要について

世界の持続可能な森林経営の推進に向けて
-「基準・指標」の適用とその可能性-

 

  1.  平成18年7月24日(月曜日)~28日(金曜日)、札幌において、「世界の持続可能な森林経営の推進に向けて」をテーマに、「モントリオール・プロセス第17回ワーキング・グループ会合」及び「FAOアジア持続可能な森林経営のためのモニタリング・評価・報告体制強化事業ワークショップ」が開催されました。
  2.  両会議には、23か国、4国際機関など海外から49名が参加し、我が国の森林・林業関係者とともに、持続可能な森林経営の進捗状況を把握するための「基準・指標」の活用等について活発な議論が行われました。
  3.  モントリオール・プロセス会合においては、指標の改訂が合意され、FAOワークショップにおいては、今後の作業計画等がまとめられました。
  4.  また、7月26日(水曜日)に、林野庁、北海道庁、(独)森林総合研究所、国連食糧農業機関(FAO)、国際熱帯木材機関(ITTO)、モントリオール・プロセス事務局の共催で行われたオープン・フォーラムには、行政機関、研究機関、民間企業、大学、NGOなどから235名が参加し、世界の森林・林業の動向に関する最新の報告とともに各国の森林・林業の現状及び持続可能な森林経営の取組状況等について発表・意見交換が行われました。
  5.  会合の概要については別紙添付資料(PDF:88KB)のとおりです。

 

 

お問い合わせ先

林野庁計画課 海外林業協力室 
担当:宮薗、山之内
 電話:03-3502-8111 (内線6212、6213)
     03-3591-8449 (直通)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

リンク集


アクセス・地図