English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 報道発表資料 > 第5回 森の“聞き書き甲子園”の実施について


ここから本文です。

プレスリリース

平成18年5月29日
林野庁・文部科学省

 

第5回 森の“聞き書き甲子園”の実施について

「森の“聞き書き甲子園”」は全国の高校生100人が「森の名手 ・名人」の技や人となりを「聞き書き」し、その成果を発信するものです。
 世代を越えた交流による地域活性化、青少年の健全育成、伝統技術の発掘・伝承、森づくりに対する理解の醸成が図られています。

1. 森の“聞き書き甲子園”のスケジュール

(1) 募集

 森の“聞き書き甲子園”への参加を希望する高校生を、各都道府県教育委員会の推薦を含め募集します。(募集期間は5月29日から1ヶ月間。応募方法は、参加申込書及び参加希望動機を書いた作文(400字程度)を「森の“聞き書き甲子園”実行委員会」事務局まで郵送。7月3日必着)
 応募者多数の場合は、応募者の中から、実行委員会が全国で100人の参加者を選考します。
* 参加申込書は、全国の高等学校に配布。また、下記のホームページからダウンロードできます。森の“聞き書き甲子園”ホームページアドレス→http;//www.foxfire-japan.com

(2) 聞き書き研修

 選出された100人の高校生に対しては、専門家による「聞き書き」に関する研修を実施します。
日程:平成18年8月11日(金曜日)~14日(月曜日)
場所:高尾の森 わくわくビレッジ(東京都八王子市川町55)
内容:事前説明・聞き書き実習・専門家等による講演等

(3) 聞き書き

 研修を終えた100人の高校生には、本年9月から12月の間に原則として2回、各地で活躍する「森の名手・名人」を訪問し、聞き書きをしていただきます。

(4) フォーラム

 平成19年3月にフォーラムを開催し、100人の中の代表者が「聞き書き」の成果を発表します。

2. 実行体制

(1) 主催

第5回森の“聞き書き甲子園”実行委員会
 〔構成〕  林野庁、文部科学省、(社)国土緑化推進機構
        NPO法人樹木・環境ネットワーク協会

(2) 後援

全国知事会、全国市長会、全国町村会、経済同友会
日本経済団体連合会自然保護協議会

(3) 協賛、協力

 〔特別支援〕株式会社ファミリーマート
 〔協賛〕  株式会社NTTドコモ、松下電器産業株式会社
         トヨタ自動車株式会社、富士写真フイルム株式会社
        東京ガス株式会社、環境文化創造研究所
        社団法人昭和会館
 〔協力〕  株式会社ティムコ、京王電鉄株式会社、テイコク株式会社
        株式会社ウェッジ、アサヒビール株式会社
        財団法人損保ジャパン環境財団

3. 関連プロジェクト

(1) 「共存の森」ネットワーク活動

 森の“聞き書き甲子園”にかつて参加した高校生や大学生・社会人による森づくりの活動。関東地区は千葉県内の「鶴舞創造の森」、関西地区は滋賀県内の「龍谷の森」、東北地区は山形県内の「源流の森」をフィールドに活動を行っています。また、9月中旬には、全国セミナーを「源流の森」で開催する予定です。

(2) 映像化プロジェクト

 森の名手・名人の技をデジタルビデオで記録する試み。森の“聞き書き甲子園”にかつて参加した高校生や大学生・社会人が「森の名手・名人」を再訪し、名人の技をビデオ作品としてまとめます。

 
※ バーコードの読みとりに対応した携帯電話で、上のマークを読み取ると、携帯サイトのアドレスが表示され、簡単にアクセスできます。

 

 

お問い合わせ先

林野庁研究・保全課 
担当:有村、吉川
代表:03-3502-8111(内線6347・6353)
直通:03-3501-3845
文部科学省生涯学習政策局生涯学習推進課
担当:濱口、伊藤
代表:03-5253-4111(内線2642)
直通:03-6734-2092

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

リンク集


アクセス・地図