English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 報道発表資料 > 我が国初の『森林セラピー基地』等の認定について-生理実験による森林の癒し効果を踏まえた地域振興をめざして-


ここから本文です。

プレスリリース

平成18年4月18日
林野庁
(社)国土緑化推進機構
(独)森林総合研究所

 

我が国初の『森林セラピー基地』等の認定について-生理実験による森林の癒し効果を踏まえた地域振興をめざして-

 森林セラピー実行委員会(林野庁、(社)国土緑化推進機構、(財)日本ウエルネス協会で構成)が進めていた森林セラピー基地構想については、ステアリングコミッティ(委員長:大井玄 東京大学医学部名誉教授、出席者名簿:別紙1(PDF:60KB))が平成18年4月14日(金曜日)に開催され、我が国初の森林セラピー基地等の審査が行われました。その結果、6箇所が森林セラピー基地、4箇所がセラピーロード(ウオーキングロード)として、別紙2(PDF:142KB)のとおり認定されました。

 今回の認定は、森林セラピー基地としてノミネートされていた全国27箇所の中で、平成17年度に「心身の癒し効果の生理実験」を行った10箇所について、それぞれの生理実験結果に加え、宿泊施設等の整備状況、アクセス等の立地条件、将来構想等も加味され、総合的に評価されたものです。

 なお、生理実験は、(独)森林総合研究所が平成16年度から実施している「先端技術を活用した農林水産高度化事業」の「森林系環境要素がもたらす人の生理的効果の解明」による研究成果等を活用して行われました。その結果の概要については、別紙3(PDF:176KB)のとおりです。

 

お問い合わせ先

林野庁 森林整備部 研究・保全課
担当者:島内、田中
電話:03-3502-8111(内線6324)
   :03-3501-3843(直通)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

リンク集


アクセス・地図