English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 報道発表資料 > 間伐・間伐材利用コンクールについて


ここから本文です。

プレスリリース

平成18年10月31日
林野庁

 

間伐・間伐材利用コンクールについて

 間伐推進中央協議会(國井常夫会長:全国森林組合連合会など森林・林業関係17団体で構成)は、間伐の実施及び間伐材の利用に係る斬新かつ積極的な取組の普及を図るため、平成12年度から「間伐・間伐材利用コンクール」を実施しております。
 本年10月12日に開催された同コンクール審査委員会(審査委員長:木平勇吉東京農工大学名誉教授)において、平成18年度の受賞者が下記のとおり決定しましたのでお知らせいたします。

 

 

1 「間伐・間伐材利用コンクール」の受賞者(応募総数228件)

(1) 「林業事業体による森づくり」部門

林野庁長官賞 登米町(とよままち)森林組合(宮城県)(PDF:161KB)
間伐推進中央協議会会長賞 林業はぎわら(岐阜県)(PDF:289KB)
全国森林組合連合会会長賞 大田市(おおだし)森林組合(島根県)(PDF:196KB)

(2) 「森林ボランティア団体等による森づくり」部門

間伐推進中央協議会会長賞 NPO法人土佐の森・救援隊(高知県)(PDF:300KB)
全国林業改良普及協会会長賞 筑前新宮に白砂青松を取り戻す会(福岡県)(PDF:202KB)

2 審査委員(五十音順、敬称略)

石山幸男(日刊木材新聞企画部長)、岩川尚美(全国森林組合連合会代表理事副会長)、金井久美子(地球緑化センター事務局次長)、木平勇吉(東京農工大学名誉教授)、後藤隆一(全国木材組合連合会副会長)、白水忠隆(読売新聞編集局生活情報部長)、高澤修(全国林業改良普及協会専務理事)

3 授賞式

平成18年11月9日(木曜日)「森林整備シンポジウム2006inしまね」で表彰
 (島根県立大学:島根県浜田市/13時30分~)

 

お問い合わせ先

 林野庁森林整備部整備課造林間伐対策室
 担当:徳川、武部
 代表:03-3502-8111(内線6267、6268)
 直通:03-3591-5893

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

リンク集


アクセス・地図