English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 報道発表資料 > 平成24年度 「国有林野事業業務研究発表会」の開催結果について


ここから本文です。

プレスリリース

平成24年11月26日

林野庁

平成24年度 「国有林野事業業務研究発表会」の開催結果について

林野庁は、平成24年11月20日(火曜日)に農林水産省において「国有林野事業業務研究発表会」を開催し、優秀な発表について、表彰を行いました。

1.概要

林野庁は、11月20日(火曜日)に農林水産省において、森林管理局等における現場業務の実行を通じて得られた森林の整備手法、森林環境教育等に関する取組成果を広く普及するため、「国有林野事業業務研究発表会」を開催しました。
森林技術部門、森林ふれあい部門、国民の森林部門の各部門において審査を行い、成績優秀なものについて林野庁長官賞として、それぞれ最優秀賞1点、優秀賞1点を表彰しました。


2.受賞課題

森林技術部門

【最優秀賞】

中部森林管理局 木曽森林管理署

課題名「モデル林における「低コスト・高効率作業システム」~5ヶ年の変遷~」

 

【優秀賞】

九州森林管理局 大分西部森林管理署

課題名「国有林におけるシカ被害対策の取組みについて」 

森林ふれあい部門

【最優秀賞】

四国森林管理局 安芸森林管理署、佐喜浜の源木を育てる会

課題名「段ノ谷山国有林を活用した地域活性化について」

 
【優秀賞】

中部森林管理局 愛知森林管理事務所

課題名「「ふれあいの森」より広がる地域との絆~段戸国有林漁民の森林づくり活動~」

  

国民の森林部門

【最優秀賞】

中部森林管理局 木曽森林管理署南木曽支署、公益社団法人 全国社寺等屋根工事技術保存会

課題名「「檜皮の森」での活動を振りかえって」


【優秀賞】

近畿中国森林管理局 京都大阪森林管理事務所

課題名「嵐山国有林における地元・専門家・行政との連携について~「嵐山国有林の取扱に関する意見交換会」を中心として~」

  

3.その他

参考 平成24年11月8日プレスリリース

平成24年度「国有林野事業業務研究発表会」の開催について

http://www.rinya.maff.go.jp/j/press/gyoumu/121108.html

 

<添付資料>(添付ファイルは別ウィンドウで開きます。)

お問い合わせ先

国有林野部業務課
担当者:技術開発・普及班 谷本、小俣
代表:03-3502-8111(内線6305)
ダイヤルイン:03-3591-0884
FAX:03-3502-8053

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

リンク集


アクセス・地図