English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 報道発表資料 > 国有林野事業における技術開発の重点的取組について


ここから本文です。

プレスリリース

平成24年4月11日

林野庁

国有林野事業における技術開発の重点的取組について

林野庁は、国有林野事業の技術開発における平成24年度の重点的取組について、有識者からなる国有林野事業 技術開発委員会 技術開発部会の意見を聴いた上で、2課題を決定しました。

 

趣旨

 国有林野事業は、産学官連携の下、森林の公益的機能を一層発揮できるよう技術開発を進めており、これを効果的に推進するため、各森林管理局が新たに実施する技術開発課題の中から、重点的に取り組む課題を毎年選定しています。

平成24年度は、北海道森林管理局、九州森林管理局において、次の課題に重点的に取り組むこととし、森林・林業再生プランの推進します。

 

平成24年度に重点的に取り組む課題

北海道森林管理局 森林技術センター
課題名:カラマツ造林の低コスト化をめざして~カラマツの天然更新を利用した造林技術の開発~ 


九州森林管理局 森林技術センター
課題名:エリートツリーコンテナ苗と下刈等省力化の実証試験 

用語解説

 

お問い合わせ先

国有林野部業務課
担当者:技術開発・普及班 谷本、小俣
代表:03-3502-8111(内線6305)
ダイヤルイン:03-3591-0884
FAX:03-3502-8053

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

リンク集


アクセス・地図