English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 報道発表資料 > 国有林野事業における技術開発の重点的取組について


ここから本文です。

プレスリリース

平成20年4月10日

林野庁

国有林野事業における技術開発の重点的取組について

国有林野事業における技術開発について、平成20年度に重点的に取り組む技術開発課題を決定したのでお知らせします。

1.趣旨

国有林野事業では、産官学連携の下、森林の公益的機能を一層発揮できるよう技術開発を進めており、これを効果的に推進するため、各森林管理局が取り組む技術開発課題の中から、予算を重点的に配分し進める技術開発課題を選定しています。

2.平成20年度の重点的に取り組む課題

針広混交林化・長伐期化等による多様な森林への誘導に向けた取組について、有識者からなる国有林野事業技術開発委員会技術開発部会の意見を聴いた上で、次の2課題に重点的に取り組むことに決定しました。

 

 

課題名 :人工林に介在する天然生広葉樹の更新拡大メカニズムの検証

実施機関:近畿中国森林管理局森林技術センター

 

 

課題名:持続可能で多様な森林造成技術の開発-小面積帯状伐採と次世代優良苗植栽-

実施機関:九州森林管理局森林技術センター 

お問い合わせ先

国有林野部業務課
担当者:中村、岩田
代表:03-3502-8111(内線6305)
ダイヤルイン:03-3591-0884

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

リンク集


アクセス・地図