English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 報道発表資料 > ロシア丸太輸出税引上措置の延期について


ここから本文です。

プレスリリース

平成21年1月23日

林野庁

ロシア丸太輸出税引上措置の延期について

本年1月1日に予定されていたロシア丸太輸出税の引き上げ措置については、延期されましたので、その概要をお知らせします。

経緯

ロシアの丸太輸出税については、2006年12月23日付けロシア連邦政府政令第795号に基づき、本年1月1日には80%(針葉樹の場合)に引き上げられることが予定されていましたが、昨年12月24日付けロシア連邦政府政令第982号により、以下のとおり取り扱われることとなりました。

概要

  1. 針葉樹丸太の輸出税率は本年末まで現行の25%(又は1立米あたり最低税額15ユーロ)を維持。来年1月1日から80%(又は1立米あたり最低税額50ユーロ)に引き上げ。
  2. 広葉樹及び価値のある種((コナラ属、ブナ属、カエデ属、サクラ属、トネリコ属等)の丸太及び製材の一部)の輸出税率については、本年1月24日(本政令の公式発表の1ヶ月後)から1立米あたりの税額を100ユーロとする。

なお、ここに掲載している情報は参考和訳ですので、最終的な御確認はあくまでも原文において行われるよう、お願い致します。

 

ページトップへ

<添付資料>(添付ファイルは別ウィンドウで開きます。)

お問い合わせ先

林政部木材利用課木材貿易対策室
担当者:貿易第一班 戸谷・山之内
代表:03-3502-8111(内線6130)
ダイヤルイン:03-3502-8063
FAX:03-3502-0305

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

リンク集


アクセス・地図