このページの本文へ移動

林野庁

メニュー

森林(もり)づくりと木づかいのお便り 第136号(平成29年9月25日)

CONTENTS

1 当庁の動き
【1】「林政審議会」の開催及び一般傍聴について
【2】「第3回日韓林業分野におけるハイレベル定期対話」の結果概要について
【3】平成29年度「森の名手・名人」、「海・川の名人」の選定及び「第16回聞き書き甲子園」参加高校生と「名手・名人」の組合せについて
【4】「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」の世界遺産一覧表への記載に係る国際自然保護連合(IUCN)による現地調査について
【5】「平成28年木質バイオマスエネルギー利用動向調査」の結果(速報)について
【6】クリーンウッド法における登録実施機関の登録申請要領の公表及び説明会の開催並びに登録申請の受付について
【7】「福島の森林・林業再生に向けたシンポジウム」の開催及び参加者の募集について
【8】東日本大震災により被災した海岸防災林の再生に向けた活動希望団体の募集について
【9】平成28年における木質粒状燃料(木質ペレット)の生産動向について
【10】平成28年の特用林産物の生産動向について
【11】林野九州北部豪雨により被害を受けた福岡県朝倉市における直轄治山災害関連緊急事業の着手について

2 森林(もり)づくりと木づかいに関する情報
★情報誌「林野」★
★森林ボランティア活動情報★

3 お知らせ
★10月は林退共の加入促進強化月間です。★

☆編集後記

1 当庁の動き

【1】「林政審議会」の開催及び一般傍聴について
平成29年10月16日(月曜日)に農林水産省 第3特別会議室において「林政審議会」を開催します。

詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.rinya.maff.go.jp/j/press/rinsei/170922.html

【2】「第3回日韓林業分野におけるハイレベル定期対話」の結果概要について
平成29年9月18日(月曜日)に、韓国において「第3回日韓林業分野におけるハイレベル定期対話」が開催され、両国の森林・林業分野の諸事項について意見交換を行いました。

詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.rinya.maff.go.jp/j/press/kaigai/170922.html

【3】平成29年度「森の名手・名人」、「海・川の名人」の選定及び「第16回聞き書き甲子園」参加高校生と「名手・名人」の組合せについて
森や海・川とともに生きる知恵や技を持つ達人が「森の名手・名人」、「海・川の名人」として毎年選定されており、平成29年度は、新たに102名の「名手・名人」が選定されました。
また、「第16回聞き書き甲子園」に参加する高校生と「名手・名人」との組合せが決定しました。

詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.rinya.maff.go.jp/j/press/sanson_ryokka/170920.html

【4】「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」の世界遺産一覧表への記載に係る国際自然保護連合(IUCN)による現地調査について
「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」の世界遺産一覧表への記載に係る国際自然保護連合(IUCN)の専門家による調査が10月に行われることが決まりました。

詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.rinya.maff.go.jp/j/press/sin_riyou/170912.html

【5】「平成28年木質バイオマスエネルギー利用動向調査」の結果(速報)について
平成28年における木質バイオマスエネルギーとして利用された木材チップの量(速報)は、全体で773.4万トン(前年比12.0%増)、このうち間伐材・林地残材等に由来するものは191.7万トン(前年比64.2%増)となりました。

詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.rinya.maff.go.jp/j/press/riyou/170906.html

【6】クリーンウッド法における登録実施機関の登録申請要領の公表及び説明会の開催並びに登録申請の受付について
農林水産省、経済産業省及び国土交通省は、「合法伐採木材等の流通及び利用の促進に関する法律(通称「クリーンウッド法」)」に基づく登録実施機関の登録申請の受付を平成29年9月15日(金曜日)から開始しています。

詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.rinya.maff.go.jp/j/press/riyou/170906_18.html

【7】「福島の森林・林業再生に向けたシンポジウム」の開催及び参加者の募集について
林野庁は、平成29年11月23日(木曜日)にサンライフ南相馬(福島県南相馬市)において、平成29年12月3日(日曜日)に明治大学駿河台キャンパス(東京都千代田区)において、「福島の森林・林業再生に向けたシンポジウム」を開催します。
本シンポジウムは公開です。また、カメラ撮影も可能です。

詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.rinya.maff.go.jp/j/press/kaihatu/170905_33.html

【8】東日本大震災により被災した海岸防災林の再生に向けた活動希望団体の募集について
林野庁では、東日本大震災により被災した海岸防災林の再生に向け、国有林内の生育基盤の造成工事が完了した箇所の一部について、植栽や保育活動を希望するNPO、企業等の民間団体を募集しています。

詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.rinya.maff.go.jp/j/press/kokusou/170901.html

【9】平成28年における木質粒状燃料(木質ペレット)の生産動向について
林野庁は、平成28年の木質粒状燃料(木質ペレット)の生産動向を取りまとめました。
平成28年における木質ペレットの生産量は12.0万トン、前年比0.5%の増加となりました。

詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.rinya.maff.go.jp/j/press/riyou/170828.html

【10】平成28年の特用林産物の生産動向について
林野庁は、平成28年の特用林産物の生産動向を取りまとめました。

詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.rinya.maff.go.jp/j/press/tokuyou/170825.html

【11】林野九州北部豪雨により被害を受けた福岡県朝倉市における直轄治山災害関連緊急事業の着手について
林野庁では、平成29年7月九州北部豪雨により、発生した荒廃山地の緊急的な復旧整備を行うため、朝倉市内の民有林において、国の直轄事業である「直轄治山災害関連緊急事業」に着手することとし、二次災害防止に向け、流木・堆積土砂撤去の応急対策工等を実施します。

詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.rinya.maff.go.jp/j/press/tisan/170825_33.html

その他のプレスリリースはこちら
http://www.rinya.maff.go.jp/j/press/index.html

2 森林(もり)づくりと木づかいに関する情報

★情報誌「林野」★

林野庁では、施策や森林・林業に関する様々な情報を皆さまに広く知っていただくため、情報誌「林野」を発行しています。

平成29年9号
特集:これからの木材利用とデザイン

詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.rinya.maff.go.jp/j/kouhou/kouhousitu/jouhoushi/2909.html


★森林ボランティア活動情報★

全国各地でボランティアによる森林づくり活動が活発に行われています。
公益社団法人国土緑化推進機構では、誰でも参加できる全国各地の森林ボランティア活動の情報を発信しています。

詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.green.or.jp/volun/

3 お知らせ

★10月は林退共の加入促進強化月間です。★
林業退職金共済制度(林退共)は、林業で働く人たちのために法律に基づいて国が作った退職金制度です。林業を営む事業主が、雇用している従事者の働いた日数分に応じて掛金を納め、その従事者が林業界を退職したときに、それまでの掛金を通算して林退共から退職金を支払うという、いわば「業界全体での退職金制度」です。
事業主が払い込む掛金は、全額非課税となるとともに、新規加入の従事者については掛金の一部が免除されるなどのメリットがあります。また、「緑の雇用」などによる新たな林業の担い手確保対策においても重要な役割を果たしています。林業従事者の労働環境の改善や定着促進に向けて、ぜひ林退共への加入をご検討くださいますようお願いいたします。
なお、林退共では、以前林業に従事され、制度に加入していた方で、まだ退職金を受け取っていない方を探しています。加入していたかどうかもお調べしておりますので、お気軽にお問い合わせください。

詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.rintaikyo.taisyokukin.go.jp/

編集後記

北国から一足早く紅葉の便りが届くようになりました。いよいよ秋本番です。
10月は国産材利用をPRする「木づかい月間」となっていて、各地で林業や木製品に関するイベントが開催されます。
ぜひ足をお運びいただき、森林や木を身近に感じてみてください。

各地のイベント情報はこちらから。
http://www.rinya.maff.go.jp/j/riyou/kidukai/gekkan.html

ご意見をお寄せください                                

ご意見、ご要望、又は転載を希望される場合は、下記の「ご意見・お問い合わせ窓口」からご連絡をお願いいたします。

ご注意

メールマガジンに掲載したURLで、一部PDF形式のものがあります。
PDFファイルをご覧いただくためには、下記の農林水産省ホームページ「リンクについて・著作権」の「3 PDFファイルについて」をご覧になり、「Get Adobe Reader」のボタンでAdobe Readerをダウンロードしてください。
http://www.maff.go.jp/j/use/link.html

編集発行

〒100-8952 東京都千代田区霞が関1-2-1
林野庁林政課渉外広報班
TEL:03-3502-8026

ご意見・お問い合わせ窓口:
https://www.contactus.maff.go.jp/rinya/form/rinsei/inquiry_rinya_160801.html


メールマガジンのバックナンバーや配信停止の手続及びメールアドレスなど
の会員情報の変更は下記サイトで手続をお願いいたします。
パスワードをお忘れの場合はパスワードの再発行をしてください。

バックナンバーは、こちらからご覧ください。
http://www.rinya.maff.go.jp/j/kouhou/merumaga/backnb.html

メールアドレス等の変更
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/chg.html
変更にはご登録いただいたメールアドレスとパスワードが必要です。

メールマガジンの配信停止
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/can.html
配信停止の際にはご登録いただいたメールアドレスとパスワードが必要で
す。

パスワード再発行
万一パスワードをお忘れの場合は下記よりご登録いただいたメールアドレス
を入力して、パスワードの再発行をしてください。
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/re.html

お問合せ先

林政部林政課

担当者:渉外広報班
代表:03-3502-8111(内線6012)
ダイヤルイン:03-3502-8026
FAX番号:03-3591-6505