このページの本文へ移動

林野庁

メニュー

林野関係の「平成28年(2016年)熊本地震」に関する情報

林野関係の災害状況等

国有林の対応

林野庁九州森林管理局では、緊急自然災害対策本部を設置し、ヘリコプターよる被害状況調査や職員を被災した県へ派遣するなどの対応を行っています。

 

森林域における航空レーザ計測業務の成果

熊本地震で多くの山腹崩壊が発生し、地盤が脆弱なっているだけでなく、多くの亀裂等が発生していることから、林野庁では航空レーザを用いて詳細な微地形情報等の把握及び解析を行う業務を実施しています。その成果については以下のとおりであり、随時更新いたします。

その他の各種対応

 

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader