このページの本文へ移動

林野庁

メニュー
霧の森(稲荷山コース)
日影沢の渓流
太平林道から望む富士山
高尾山薬王院
ケーブル高尾山駅
ヒメコウゾの実,ニホントカゲ
ツマグロヒョウモンの雄
ジャケツイバラ
シシウドの花にキアゲハの幼虫
吊り橋(4号路)
4号路-みやま橋
4号路-みやま橋
ヤマユリ
ノハラアザミにヒメキマダラセセリ
ヒキヨモギ
オニフスベ
オオヨツスジハナカミキリの交尾
イワタバコ
アゲハモドキ
フシグロセンノウ
黄葉の高尾山
紅葉
ルリモンハナバチ
もみじ台からの眺望
高尾山頂
高尾山薬王院参道(浄心門)
高尾山頂
高尾山頂
高尾山頂
高尾山頂
雪景色(霞台)
初雪(一丁平園地)
高尾山頂から望む日の出
ケーブル高尾山駅からの眺望
ケーブルカーの線路

高尾山(標高599m)は、東京都心から最も近距離(新宿から西へ約40㎞)にある天然林として知られ、四季折々の姿を見せてくれ、中でも春の桜、新緑と秋の紅葉は高尾山を代表する景観となっています。
高尾山頂大見晴から小仏城山方面に至るハイキングコース周辺には、スギ、ヒノキの人工林が生育し、山頂付近の天然林とは対照的な景観を呈しています。

この地域が暖帯から温帯に移行する地帯にあたるため、植物の種類が豊富で、約1,300種を数えています。特に、暖帯の影響を受ける南斜面にはカシ類の常緑広葉樹林が、温帯の影響を受ける北斜面にはイヌブナなどの落葉広葉樹が生育していますので、森の中の樹木の違いも観察することができます。この豊かな植物相によって構成されている森をすみかや餌場として、昆虫類約4,000~5,000種、野鳥約70種以上が生息し、山全体が野外博物館のように自然観察・研究の場として利用されています。
森のほぼ中央部に位置する高尾山薬王院(西暦744年行基菩薩によって建立された新義真言宗智山派別格本山)は、古くから霊山として多くの信者を集めてきており、地域内には老木のスギ並木や滝を利用した修行地等もあり、寺院とともに東京都の文化財に指定されています。

昭和2年(1927年)にケーブルカーが建設され、容易に山頂に到達できるようになったことから、その美しい自然景観と信仰の山が一般に注目されるようになり、昭和25年(1950年)に「東京都立高尾自然公園」に、昭和42年(1967年)に「明治の森・高尾国定公園」に指定され、さらに昭和52年(1977年)には「高尾山自然休養林」に選定されたことにより、森林レクリエーションの場として発展してきました。

高尾山は、都心から約1時間で訪れることができる手軽さに加え、近年では、海外の有名なガイドブックに紹介されたこともあり、年間250万人以上が訪れる一大観光地となっており、薬王院を除くほぼ全てが高尾自然休養林です。
自然休養林の中にはレストランや売店も整備されており、自然研究路を中心に整備されている登山道では様々な植物や野鳥を観賞することができ、季節や天候、その日の体調や気分などに合わせて自由に楽しめるのが魅力です。
晴れた日には新宿の高層ビル群も見える「展望台」へは、麓からケーブルカーやリフトを使えば気軽に行くことが出来、そこから徒歩約1時間程度薬王院などを楽しみながら山頂まで登れば、その先には小仏城山や陣馬山にも通じている登山道も整備されているほか、富士山も眺望することができます

所在地

東京都八王子市高尾町

高尾山自然休養林マップ

アクセス

電車利用

私鉄京王線高尾山口駅から徒歩5分で自然休養林入口

高尾山口駅までのアクセス
  • 新宿駅 京王線利用(直通)又は
    JR中央線利用(⇒高尾(京王線乗り換え)⇒高尾山口) 50分程度
  • 羽田空港 (⇒品川⇒新宿⇒高尾山口 等)約2時間
  • 成田空港 (⇒日暮里⇒新宿⇒高尾山口 等)約2時間半
  • 東京駅 (⇒高尾⇒高尾山口 等)約1時間

園内地図

PDF

所要時間

高尾山口駅 ~ 高尾山山頂 (高低差408m)

  • 全て徒歩の場合 上り約120分、下り約100分
  • ケーブルカー(清滝駅~高尾山駅)利用の場合 片道約6分 その後徒歩約60分
  • リフト(山麓駅から山上駅)利用の場合 片道約12分 その後徒歩約65分

注1:サンダル・パンプス等で散策路を歩くのは危険です。運動靴・トレッキングシューズを着用してください。
注2:徒歩での所要時間は通るコースにより変わってきます。

お問合せ先

東京神奈川森林管理署

TEL:0463-32-2867
FAX:0463-32-2868

高尾森林ふれあい推進センター

TEL(IP):050-3160-6040
FAX:042-663-7229

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader