English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 森林・林業白書 > 平成25年度 森林・林業白書(平成26年5月30日公表) > 平成25年度 森林・林業白書 全文(HTML版)


ここから本文です。

平成25年度 森林・林業白書 全文(HTML版)

目次

第1部 森林及び林業の動向

第I章 森林の多面的機能と我が国の森林整備

第II章 東日本大震災からの復興

第III章 我が国の森林と国際的取組

第IV章 林業と山村

第V章 木材需給と木材産業

第VI章 国有林野の管理経営


事例一覧 

第I章
       事例I−1出雲大社における「平成の大遷宮」と檜皮の供給

第II章
       事例II−1山間部における「山林施設災害復旧等事業」
       事例II−2海岸防災林を復旧するため、市民団体が植樹を実施
       事例II−3地域の工務店等が連携し、地元の木材を活用した災害公営住宅約820戸を建設
       事例II−4地域で流通する木材を活用し、復興住宅を低コストで整備
       事例II−5「海岸防災林復旧事業」に、国産間伐材を活用したコンクリート型枠用合板を使用
       事例II−6栽培きのこの放射性セシウム吸収を抑える栽培方法を研究
       事例II−7農林水産祭で被災地の特用林産物を展示・販売

第III章
       事例III−1企業の支援により森林整備を推進
       事例III−2幅広い産業の関係者により、「林業復活・森林再生を推進する国民会議」を開催
       事例III−3学校林を活用した森林環境教育
       事例III−4独自課税を活用した災害に強い森林づくり等の取組
       事例III−5低コスト再造林の実用化に向けたシステム開発
       事例III−6平成25(2013)年8月の東北地方の災害における治山施設の効果
       事例III−7平成23(2011)年の「台風第6号」による被害と治山事業による復旧
       事例III−8森林内のシカを捕獲する落下式の罠(ドロップネット)を開発
       事例III−9インドネシアにおける森林火災予防への支援

第IV章
       事例IV−1林家が集落単位で自ら山林を管理
       事例IV−2森林所有者との役割分担により円滑に施業集約化を推進
       事例IV−3急傾斜地等に対応した新たな作業システムの構築
       事例IV−4乾しいたけ等の消費拡大に向けた取組
       事例IV−5LED照明によるきのこ栽培方法の開発
       事例IV−6大分県国東半島宇佐地域が世界農業遺産に認定
       事例IV−7「6次産業化」の取組:割り箸の製造で新たな販路を開拓

第V章
       事例V−1間伐材を原料とした新たな素材「木糸」
       事例V−2未来の木造建築を支える大工の養成
       事例V−3秋田空港・秋田駅前の木造・木質化
       事例V−4木造3階建ての市庁舎を建設
       事例V−5社会福祉施設の木造化
       事例V−6都心部で木造の商業施設・共同住宅が完成
       事例V−7農林水産省「消費者の部屋」に薪ストーブを設置
       事例V−8地域熱供給における木質バイオマスの利用

第VI章
       事例VI−1島根県・山口県での大雨による民有林災害の復旧支援
       事例VI−2民有林と連携した路網の整備
       事例VI−3被災した庁舎の建替えに地元の木材を利用
       事例VI−4治山事業における木材利用の推進
       事例VI−5「白神山地」と「屋久島」が世界自然遺産登録20周年
       事例VI−6「奄美群島森林生態系保護地域」の設定
       事例VI−7富士山国有林における地域の自治体等と連携したニホンジカの誘引捕獲
       事例VI−8気比の松原の長期保全に向けた取組
       事例VI−9公益的機能維持増進協定による森林整備の取組
       事例VI−10「北海道型作業システム」における路網整備の検討・普及
       事例VI−11伐採・再造林の「一貫作業システム」の実証・普及
       事例VI−12三俣森林共同施業団地における民国連携の取組
       事例VI−13民有林の人材育成に対する国有林の支援
       事例VI−14新たな需要としての「薪」の利用促進及び生産拡大に向けた取組
       事例VI−15「夏休み森林環境教育」の開催
       事例VI−16「遊々の森」を活用した自然体験活動の推進
       事例VI−17発足10年目を迎えた「赤谷プロジェクト」
       事例VI−18「ふれあいの森」における森林づくり活動の実施
       事例VI−19「古事の森」における木の文化を支える森づくりの推進
       事例VI−20「法人の森林」を活用した森林づくり活動
       事例VI−21サポーター制度による「レクリエーションの森」の整備
       事例VI−22国有林野を活用した除去土壌等の仮置場用地の提供


コラム一覧

第I章
       針葉樹と広葉樹
       「国の宝は山也。山の衰えは即ち国の衰えなり。」(江戸時代の林政論)
       先人たちの森林整備とその遺産
       戦後の森林荒廃と自然災害(昭和22(1947)年のカスリーン台風と赤城山)

第II章
       「新しい東北」の創造に向けた取組

第III章
       「後世に伝えるべき治山〜よみがえる緑〜」(えりも岬と足尾の例)

第IV章
       林業生産における作業システムの変遷
       「森林整備加速化・林業再生事業」による効果(鳥取県の場合)

第V章
       オリンピック・パラリンピック競技大会における木材利用


第2部 平成25年度 森林及び林業施策

概説
       1施策の重点(基本的事項)
       2財政措置
       3立法措置
       4税制上の措置
       5金融措置
       6政策評価

I 森林の有する多面的機能の発揮に関する施策
       1面的まとまりをもった森林経営の確立
       2多様で健全な森林への誘導
       3地球温暖化防止策及び適応策の推進
       4東日本大震災等の災害からの復旧、国土の保全等の推進
       5森林・林業の再生に向けた研究・技術の開発及び普及
       6森林を支える山村の振興
       7社会コスト負担の理解の促進
       8国民参加の森林づくりと森林の多様な利用の推進
       9国際的な協調及び貢献

II 林業の持続的かつ健全な発展に関する施策
       1望ましい林業構造の確立
       2人材の育成・確保等
       3林業災害による損失の補填

III 林産物の供給及び利用の確保に関する施策
       1効率的な加工・流通体制の整備
       2木材利用の拡大
       3東日本大震災からの復興に向けた木材等の活用
       4消費者等の理解の醸成
       5林産物の輸入に関する措置

IV 国有林野の管理及び経営に関する施策
       1公益的機能の維持増進を旨とした管理経営
       2森林・林業再生に向けた国有林の貢献
       3国民の森林としての管理経営

V 団体の再編整備に関する施策


平成26年度 森林及び林業施策

概説
        1施策の背景(基本的認識)
        2財政措置
        3税制上の措置
        4金融措置
        5政策評価

I 森林の有する多面的機能の発揮に関する施策
        1面的まとまりをもった森林経営の確立
        2多様で健全な森林への誘導
        3地球温暖化防止策及び適応策の推進
        4東日本大震災等の災害からの復旧、国土の保全等の推進
        5森林・林業の再生に向けた研究・技術の開発及び普及
        6森林を支える山村の振興
        7社会的コスト負担の理解の促進
        8国民参加の森林づくりと森林の多様な利用の推進
        9国際的な協調及び貢献

II 林業の持続的かつ健全な発展に関する施策
        1 望ましい林業構造の確立
        2人材の育成・確保等
        3林業災害による損失の補填

III 林産物の供給及び利用の確保に関する施策
        1効率的な加工・流通体制の整備
        2木材利用の拡大
        3東日本大震災からの復興に向けた木材等の活用
        4消費者等の理解の醸成
        5林産物の輸入に関する措置

IV 国有林野の管理及び経営に関する施策
        1公益的機能の維持増進を旨とした管理経営
        2森林・林業再生に向けた国有林の貢献
        3国民の森林としての管理経営

V 団体の再編整備に関する施策


お問い合わせ先

林政部企画課年次報告班
代表:03-3502-8111(内線6061)
ダイヤルイン:03-6744-2219
FAX:03-3593-9564

ページトップへ


アクセス・地図