English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 森林・林業白書 > 平成24年度 森林・林業白書(平成25年6月7日公表) > 平成24年度 森林・林業白書 全文(HTML版)


ここから本文です。

平成24年度 森林・林業白書 全文(HTML版)

目次

第1部 森林及び林業の動向

第I章 森林・林業の再生と国有林

第II章 東日本大震災からの復旧・復興

第III章 地球温暖化対策と森林

第IV章 森林の整備・保全

第V章 林業と山村

第VI章 林産物需給と木材産業


事例一覧 

第I章
       事例I−1市町村主体による森林のゾーニング(岐阜県高山市)
       事例I−2「森林経営計画」の策定開始(鳥取県八頭郡八頭町)
       事例I−3公募ボランティアにより施業集約化を推進(群馬県利根郡みなかみ町)
       事例I−4高密度の路網を活用した搬出間伐の推進(栃木県矢板市)
       事例I−5林業普及指導員による「市町村森林整備計画」の策定支援(長崎県)
       事例I−6中小工場と大規模工場との連携による製材の生産(栃木県矢板市)
       事例I−7素材生産業者の連携により丸太を一括納入(宮崎県)
       事例I−8「平成24年7月九州北部豪雨」による民有林の被害調査への協力
       事例I−9「西表島森林生態系保護地域」の拡充(沖縄県八重山郡竹富町)
       事例I−10富士山国有林におけるシャープシューティングの実施
       事例I−11低コスト造林の技術交流会を開催(京都府京都市)
       事例I−12伊勢神宮の「式年遷宮」行事への木材供給
       事例I−13「祖谷のかずら橋・架け替え資材確保の森」の設定(徳島県三好市)
       事例I−14「森林環境教育手引書」を作成
       事例I−15除去土壌等の仮置場の提供

第II章
       事例II−1長野県北部の地震による山腹崩壊を復旧(長野県下水内郡栄村)
       事例II−2被災した森林組合が事業を再開(岩手県釜石市)
       事例II−3海岸防災林の基盤造成を開始(宮城県仙台市)
       事例II−4海岸防災林の再生に向けて苗木を育成(宮城県名取市)
       事例II−5募金活動で海岸防災林の再生等を支援
       事例II−6木造で災害公営住宅を整備(福島県相馬市)
       事例II−7岩手県産材による集合住宅を建設
       事例II−8住宅メーカーが「木化都市」づくりに協力(宮城県東松島市)
       事例II−9海岸林の被害木や木質系災害廃棄物を原料・燃料として活用
       事例II−10木質系災害廃棄物をバイオマス発電の燃料に活用(茨城県ひたちなか市)

第III章
       事例III−1木質チップボイラーの導入によるクレジットの取得(兵庫県多可郡多可町)
       事例III−2林業機械が排出する二酸化炭素をオフセット
       事例III−3コーディネーターを活用したクレジットの普及(鳥取県)
       事例III−4都市部と地方の自治体が森林整備協定によりカーボン・オフセット(東京都千代田区・岐阜県高山市)
       事例III−5建築物への木材利用により地球温暖化防止に貢献(東京都港区)
       事例III−6自治体によるCASBEEを用いた環境評価(兵庫県)

第IV章
       事例IV−1国内最大規模のコンテナ苗生産施設(宮崎県日向市)
       事例IV−2漁業者による森林づくり活動(青森県東津軽郡平内町)
       事例IV−3企業の支援による共有林の管理体制の構築(岐阜県美濃市)
       事例IV−4企業とNPO等の協働による森づくり活動(長野県北佐久郡御代田町)
       事例IV−5独自課税を活用した県産材モデル施設の整備(鹿児島県)
       事例IV−6森林を活用した癒やしの取組(北海道枝幸郡中頓別町)
       事例IV−7「森の健康診断」による森林環境教育の実施
       事例IV−8学校林を活用した森林環境教育の実施(山形県米沢市)
       事例IV−9幼児教育の場として里山林の活用
       事例IV−10広葉樹林化のための更新予測および誘導技術の開発
       事例IV−11「平成24年7月九州北部豪雨」における治山施設の効果
       事例IV−12治山事業による「台風第12号」からの復旧
       事例IV−13デジタル空中写真から森林の現況を把握する技術開発
       事例IV−14日本ジビエ振興協議会の設立
       事例IV−15パプアニューギニアにおける森林現況把握への支援

第V章
       事例V−1間伐材と地域通貨の組合せによる山村再生の取組(鳥取県智頭町)
       事例V−2経営の受託を契機に積極的な経営に転換(広島県廿日市市)
       事例V−3高知県では平成19(2007)年度から林業就業者数が増加
       事例V−4「緑の雇用」により就業した若者が林業事業体を起業
       事例V−5狩猟の世界を変える!女性だけの組織誕生!!
       事例V−6提案型集約化施業の強い味方
       事例V−7集約化により間伐を促進(愛媛県上浮穴郡久万高原町)
       事例V−8県独自の「林内路網整備指針」を策定
       事例V−9小型ハーベスタのヘッドの改良
       事例V−10「木の博物館」を活用した山村振興の取組(岩手県宮古市)
       事例V−11伝統工芸品を活用した全日本丸太早切選手権大会(新潟県長岡市)
       事例V−12企業による山村支援の活動
       事例V−13間伐材を活用した農業用ハウスの開発と販売

第VI章
       事例VI−1国内資源の調達に有利な内陸に製材工場を整備(茨城県常陸大宮市)
       事例VI−2村産材で木造診療所を建設(宮崎県東臼杵郡諸塚村)
       事例VI−3実物大の学校校舎で火災実験を実施
       事例VI−4薪の宅配サービスによる薪ストーブ利便性の向上
       事例VI−5国産材針葉樹の新たな用途としてコンクリート型枠用合板を開発
       事例VI−6内装を木質化した新たな交流型ビジネス拠点を開設(東京都中央区)
       事例VI−7地域で流通する木材を利用したオフィス家具の開発がグリーン購入大賞を受賞
       事例VI−8紙製飲料容器「カートカン」の普及活動を通じて区民の環境意識を啓発(東京都江東区)
       事例VI−9木材の加工・流通・利用分野における人材の育成


コラム一覧

第II章
       たに開発した八重桜で福島の復興を支援
       東北の復興と森林再生を議論するサミットを開催

 

第V章
       林業労働力の動向に関する分析

 

第VI章
       日本産漆の普及啓発を図る「漆サミット」を開催
       11月3日を「合板の日」に制定
       木造による城の再建
       割り箸の国内生産について


第2部 平成24年度 森林及び林業施策

概説
       1施策の重点(基本的事項)
       2財政措置
       3立法措置
       4税制上の措置
       5金融措置
       6政策評価

I 森林の有する多面的機能の発揮に関する施策
       1面的まとまりをもった森林経営の確立
       2多様で健全な森林への誘導
       3地球温暖化防止策及び適応策の推進
       4東日本大震災等の災害からの復旧、国土の保全等の推進
       5森林・林業の再生に向けた研究・技術の開発及び普及
       6森林を支える山村の振興
       7社会コスト負担の理解の促進
       8国民参加の森林づくりと森林の多様な利用の推進
       9国際的な協調及び貢献

II 林業の持続的かつ健全な発展に関する施策
       1望ましい林業構造の確立
       2人材の育成・確保等
       3林業災害による損失の補填

III 林産物の供給及び利用の確保に関する施策
       1効率的な加工・流通体制の整備
       2木材利用の拡大
       3東日本大震災からの復興に向けた木材等の活用
       4消費者等の理解の醸成
       5林産物の輸入に関する措置

IV 国有林野の管理及び経営に関する施策
       1公益的機能の維持増進を旨とした管理経営
       2森林・林業再生に向けた国有林の貢献
       3国民の森林としての管理経営

V 団体の再編整備に関する施策


平成25年度 森林及び林業施策

概説
        1施策の背景(基本的認識)
        2財政措置
        3税制上の措置
        4金融措置
        5政策評価

I 森林の有する多面的機能の発揮に関する施策
        1面的まとまりをもった森林経営の確立
        2多様で健全な森林への誘導
        3地球温暖化防止策及び適応策の推進
        4東日本大震災等の災害からの復旧、国土の保全等の推進
        5森林・林業の再生に向けた研究・技術の開発及び普及
        6森林を支える山村の振興
        7社会的コスト負担の理解の促進
        8国民参加の森林づくりと森林の多様な利用の推進
        9国際的な協調及び貢献

II 林業の持続的かつ健全な発展に関する施策
        1 望ましい林業構造の確立
        2人材の育成・確保等
        3林業災害による損失の補填

III 林産物の供給及び利用の確保に関する施策
        1効率的な加工・流通体制の整備
        2木材利用の拡大
        3東日本大震災からの復興に向けた木材等の活用
        4消費者等の理解の醸成
        5林産物の輸入に関する措置

IV 国有林野の管理及び経営に関する施策
        1公益的機能の維持増進を旨とした管理経営
        2森林・林業再生に向けた国有林の貢献
        3国民の森林としての管理経営

V 団体の再編整備に関する施策


お問い合わせ先

林政部企画課年次報告班
代表:03-3502-8111(内線6061)
ダイヤルイン:03-6744-2219
FAX:03-3593-9564

ページトップへ


アクセス・地図