English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 森林・林業白書 > 平成23年度 森林・林業白書(平成24年4月27日公表) > 平成23年度 森林・林業白書 全文(HTML版)


ここから本文です。

平成23年度 森林・林業白書 全文(HTML版)

目次

第1部 森林及び林業の動向

第I章 東日本大震災からの復旧・復興に向けて

第II章 地球温暖化と森林

3 2013年以降の国際的な気候変動対策の枠組み
    (1)締約国会議での交渉経緯
    (2)森林関連の決定事項

第III章 多様で健全な森林の整備・保全

第IV章 林業・山村の活性化

第V章 林産物需給と木材産業

第VI章 「国民の森林(もり)」としての国有林野の管理経営


事例一覧

第I章
        事例I−1 国有林の支援活動(例)
        事例I−2 市民参加による海岸防災林の復旧(青森県)
        事例I−3 高田松原における「奇跡の一本松」の後継樹育成(岩手県陸前高田市)
        事例I−4 シンポジウム「海岸林を考える」を開催(東京都江東区)
        事例I−5 岩手県住田町による木造仮設住宅の建設
        事例I−6 新潟県中越地震における「中山間地型復興住宅」の開発・供給(新潟県長岡市)
        事例I−7 木質バイオマスによる地域熱供給(山形県最上町)

第II章
        事例II−1 家庭用ペレットストーブの導入で国内クレジットを取得(北海道札幌市)
        事例II−2 複数の森林所有者をとりまとめてオフセット・クレジットを取得(岩手県釜石市)
        事例II−3 オフセット・クレジットと森づくりの組合せ(三重県大台町)
        事例II−4 都市部の自治体が地方の自治体での森林整備によりカーボン・オフセット(長野県伊那市・東京都新宿区)
        事例II−5 建築物への木材利用により地球温暖化防止に貢献(東京都港区)
        事例II−6 集成材についてカーボンフットプリント(CFP)マークを取得(京都府京都市)

第III章
        事例III−1 「海の森」プロジェクトによる森づくり(東京都)
        事例III−2 東日本大震災復興支援に向けた「緑の募金」による取組
        事例III−3 独自課税を活用した県民による森づくり提案事業(富山県)
        事例III−4 森林の癒し効果を活用して地域を活性化(島根県飯南町)
        事例III−5 ドキュメンタリー映画「森聞き」を公開
        事例III−6 「葉っぱのフレディ」の「国際森林年子ども大使」就任
        事例III−7 ニホンジカによる日本の植生への影響
        事例III−8 シンポジウム「野生鳥獣による森林被害対策を考える」を開催
        事例III−9 狩猟と環境を考える円卓会議
        事例III−10 マツノザイセンチュウのゲノムの解読に成功
        事例III−11 ラオスにおける森林減少抑制のための参加型土地・森林管理プロジェクト

第IV章
        事例IV−1 「林業女子会」のネットワークが広がる
        事例IV−2 全国の女性林業技術職員によるネットワーク
        事例IV−3 「木の駅プロジェクト」による間伐材の販売(岐阜県恵那市)
        事例IV−4 島根県では平成19(2007)年から常雇用林業従事者が増加
        事例IV−5 「森林・林業再生プラン実践事業」による取組(高知県)
        事例IV−6 伝統芸能・文化を通じた山村振興の取組(愛知県北設楽郡東栄町)
        事例IV−7 「ハナアミ」を通じた山村振興の取組(和歌山県東牟婁郡古座川町)
        事例IV−8 都市との交流を通じた農山村支援
        事例IV−9 森林組合が間伐材等から製造したペレット燃料を販売(長野県伊那市)

第V章
        事例V−1 国産竹100%の紙製品を開発(鹿児島県薩摩川内市)
        事例V−2 全ての丸太を一括して買い取り(群馬県渋川市)
        事例V−3 宮崎モデル地域における大規模製材工場の整備(宮崎県)
        事例V−4 ツーバイフォー工法の住宅メーカーが山梨県産カラマツLVLを標準採用
        事例V−5 県産間伐材を利用した学校の建設(長野県千曲市)
        事例V−6 木質バイオマス発電所の営業運転を開始(群馬県吾妻郡)
        事例V−7 二科展デザイン部において「国際森林年」をテーマとした作品を募集
        事例V−8 合板の魅力を広める「全国合板1枚・作品コンペ」
        事例V−9 新生児に木のおもちゃや食器をプレゼント(東京都新宿区)

第VI章
        事例VI−1 台風第12号による民有林の災害復旧等への支援
        事例VI−2 東日本大震災における緊急対策(宮城県気仙沼市)
        事例VI−3 ヒバ林の育成活動(青森県むつ市)
        事例VI−4 民有林と国有林が連携した取組の推進(島根県松江市)
        事例VI−5 「海岸林を守る森林づくり情報交換会」の開催(石川県金沢市)
        事例VI−6 国有林モニター会議の開催(岐阜県中津川市)
        事例VI−7 「赤谷の森管理経営計画」の策定(群馬県前橋市)
        事例VI−8 「遊々の森」を活用した森林環境教育の推進(北海道天塩郡天塩町)
        事例VI−9 「法人の森林」を活用した社会貢献活動の推進(栃木県那須塩原市)
        事例VI−10 「ふれあいの森」における植樹や体験林業の実施(宮崎県日向市)
        事例VI−11 北の木の文化を支える森づくりの推進(北海道檜山郡厚沢部町)
        事例VI−12 庁舎建替における木材利用(岐阜県下呂市)
        事例VI−13 治山事業における木材利用の推進(群馬県吾妻郡中之条町)
        事例VI−14 「大雪山・日高山脈森林生態系保護地域」等の拡充
        事例VI−15 小笠原諸島における森林生態系の修復(東京都小笠原村)
        事例VI−16 「ツシマヤマネコ」の保護管理(長崎県対馬市)
        事例VI−17 猟友会とのシカ被害対策協定の締結(鹿児島県鹿児島市)
        事例VI−18 北海道森林管理局によるシカ被害対策(北海道札幌市)
        事例VI−19 「オホーツクの森」での自然再生の取組(北海道北見市)
        事例VI−20 南木曽町妻籠宿の板葺き石置き屋根用資材の供給(長野県木曽郡南木曽町)
        事例VI−21 市民団体の連携による「レクリエーションの森」の整備(大阪府箕面市)
        事例VI−22 「准フォレスター研修」の実施


コラム一覧

第I章
        チェルノブイリ原子力発電所の事故における森林の汚染

第III章
        「京都市三山森林景観保全・再生ガイドライン」の作成(京都府京都市)
        治山事業は100周年

第IV章
        京都府で林業専門の大学校が開校(京都府船井郡京丹波町)
        馬搬の技術を次世代に伝承(岩手県遠野市)

第V章
        広葉樹材の需給動向
        米国でも公共建築物への木材利用を推進
        スギノアカネトラカミキリなどの食害木をブランド化(三重県津市)


第2部 平成23年度 森林及び林業施策

概説
        1 施策の重点(基本的事項)
        2 財政措置
        3 立法措置
        4 税制上の措置
        5 金融措置
        6 政策評価

I 森林の有する多面的機能の持続的な発揮に向けた整備と保全
        1 森林管理・環境保全直接支払制度による間伐等の推進
        2 京都議定書目標達成計画等に基づく施策の展開
        3 多様で健全な森林への誘導に向けた効果的な整備
        4 生物多様性保全確保施策の推進
        5 国際森林年の取組
        6 花粉発生源対策の推進
        7 流域保全のための効率的かつ総合的な国土保全対策の推進
        8 国民参加の森林づくりと森林の多様な利用の推進
        9 国民の理解の下での森林整備の社会的コスト負担の検討

II 林業の持続的かつ健全な発展と森林を支える山村の活性化
        1 望ましい林業構造の確立
        2 林業の担い手の確保・育成
        3 地域資源の活用等による魅力ある山村づくりと振興対策の推進
        4 特用林産の振興
        5 過疎地域対策等の推進

III 林産物の供給及び利用の確保による国産材競争力の向上
        1 木材の安定供給体制の整備
        2 木材加工体制の整備
        3 低炭素社会への貢献に向けた木材利用の拡大
        4 適切な木材貿易の推進

IV 森林・林業・木材産業に関する研究・技術開発と普及
        1 研究・技術開発等の効率的・効果的な推進
        2 効率的・効果的な普及指導の推進

V 国有林野の適切かつ効率的な管理経営の推進
        1 開かれた「国民の森林」の推進
        2 公益的機能の維持増進を旨とする管理経営の推進
        3 適切で効果的な事業運営の確保

VI 持続可能な森林経営の実現に向けた国際的な取組の推進
        1 国際対話への参画及び国際会議の開催等
        2 国際協力の推進
        3 地球温暖化問題への国際的対応
        4 違法伐採対策の推進


平成24年度 森林及び林業施策

概説
        1 施策の背景(基本的認識)
        2 財政措置
        3 税制上の措置
        4 金融措置
        5 政策評価

I 森林の有する多面的機能の発揮に関する施策
        1 面的まとまりをもった森林経営の確立
        2 多様で健全な森林への誘導
        3 地球温暖化防止策及び適応策の推進
        4 東日本大震災等の災害からの復旧、国土の保全等の推進
        5 森林・林業の再生に向けた研究、技術の開発及び普及
        6 森林を支える山村の振興
        7 社会的コスト負担の理解の促進
        8 国民参加の森林づくりと森林の多様な利用の推進
        9 国際的な協調及び貢献

II 林業の持続的かつ健全な発展に関する施策
        1 望ましい林業構造の確立
        2 人材の育成・確保等
        3 林業災害による損失の補

III 林産物の供給及び利用の確保に関する施策
        1 効率的な加工・流通体制の整備
        2 木材利用の拡大
        3 東日本大震災からの復興に向けた木材等の活用
        4 消費者等の理解の醸成
        5 林産物の輸入に関する措置

IV 国有林野の管理及び経営に関する施策
        1 公益的機能の維持増進を旨とした管理経営
        2 森林・林業再生に向けた国有林の貢献
        3 国民の森林としての管理経営

V 団体の再編整備に関する施策


お問い合わせ先

林政部企画課年次報告班
代表:03-3502-8111(内線6061)
ダイヤルイン:03-6744-2219
FAX:03-3593-9564

ページトップへ


アクセス・地図