English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 分野別情報 > 森林・林業・木材産業分野の研究・技術開発


ここから本文です。

森林・林業・木材産業分野の研究・技術開発

   森林・林業・木材産業分野の研究・技術開発については、「森林・林業再生プラン」などの森林・林業政策上の優先事項を踏まえ、世界の森林の減少・劣化など地球規模の問題に留意し、森林資源の積極的活用と林業・山村の活性化、木材の利用を通じた低炭素社会の構築、森林の有する多面的機能の発揮など、多様な社会ニーズに対応した研究・技術開発が進められています。
   林野庁では、これらの研究・技術開発を効率的かつ効果的に推進するため、平成24年9月に「森林・林業・木材産業分野の研究・技術開発戦略」を策定し、取り組むべき課題を明確化したところです。この戦略で明確にされた各課題に対し、独立行政法人森林総合研究所が中心となり、都道府県等の関係機関と連携を図りながら、長期的展望に立った、森林・林業・木材産業分野の研究・技術開発を推進しています。

 政策ニーズに対応した研究・技術開発の重点課題

   森林・林業・木材産業分野の研究・技術開発を効率的に推進させるため、早期に取り組み、成果をあげるべき課題として、政策ニーズに対応した5つの重点課題を取りまとめました。

   各重点課題は以下のとおりです。

1.森林の有する多面的機能の発揮

    面的なまとまりをもった森林経営の確立、多様で健全な森林への誘導、地球温暖化防止策・適応策の推進、国土保全の推進、森林を支える山村の振興、森林の多様な利用の推進、国際協力及び違法伐採対策の推進

                  senryaku1                senryaku2                 senryaku3

               丈夫で簡易な路網作設手法の開発                                    森林上空の炭素動態観測                                                人工斜面崩壊実験

 

2.林業の持続的かつ健全な発展 

望ましい林業構造の確立、人材の育成

                 senryaku4               senryaku5               senryaku6

                                    経営支援プログラムの開発                                                   高性能林業機械の開発                                             コンテナ苗の育苗

 

3.林産物の供給及び利用の確保

効率的な加工・流通体制の整備、木材利用の拡大、東日本大震災からの復興に向けた木材等の活用

                  senryaku7                   senryaku8                  senryaku9

                          製材品の強度実験                           中低層大規模建築物への新たな構造用木質材料の活用                  木製ガードレールの開発

 

4.林木育種の推進

新品種の開発、林木遺伝資源の収集・保存、海外への技術協力

                  senryaku10       senryaku11       senryaku12

               マツノザイセンチュウ抵抗性の検定                   林木遺伝資源の収集・保存(林木ジーンバンク)                   海外での育種技術の普及、先進情報の収集

 

5.東日本大震災からの復旧・復興の実現

放射性物質の動態の解明、海岸林の再生に向けた取組

                  senryaku13                  senryaku14 

                       福島県内における樹木試料のサンプリング                               津波による海岸林被害に関する現地調査  

   

        

 

 

お問い合わせ先

森林整備部研究指導課
担当者:研究班
代表:03-3502-8111(内線6212)
ダイヤルイン:03-6744-2312
FAX:03-3502-2104

ページトップへ

リンク集


アクセス・地図