このページの本文へ移動

林野庁

メニュー

調査結果

森林生態系多様性基礎調査(旧森林資源モニタリング調査)の調査結果のうち、第1期(平成11~15年度)・第2期(平成16~20年度)・第3期(平成21~25年度)の調査結果の概要をご紹介します。

 

森林生態系多様性基礎調査で蓄積されたデータの活用方法としては、
(ア) 個々のプロットを判別せずにマクロの分析に活用する方法(例:全国~複数の都道府県を併せた広域の森林資源の統計的分析)
(イ) 個々のプロットを判別してミクロの分析に活用する方法(例:個々の林分の時系列変化、質的内容の変化)
に大別出来、ここでは、主に(ア)の分析結果※について公表します。

※森林生態系多様性基礎調査の結果については、調査時の測定誤差や野帳記載ミス、種の同定の誤り等に起因するエラーが一部含まれているとともに、系統的抽出法による標本調査であるため、既存の統計データと異なる結果となる場合があります。 また、都道府県単位や複数の都道府県を併せた広域の森林資源の統計的分析を行うにあたっては、統計上有意となるプロット数が確保されない場合があります。 

 

また、平成21年2月に開催した「第2回森林における生物多様性保全の推進方策検討会」で使用した資料についてはこちら(PDF:1,967KB)をご覧ください。

 

なお、森林生態系多様性基礎調査の調査結果(第1期(平成11~15年度)、第2期(平成16~20年度)、第3期(平成21~25年度))を利用しやすい形にした集計データと、それらのデータを解析するための「森林生態系多様性基礎調査データ解析プログラム」を大容量ファイル転送サービスを通じて配布いたします。配布を希望される方は、「調査データ」のページをご覧ください。

  

今後も、個人情報や希少種情報の保護等に配慮しつつ、分析結果や公表データの充実を随時図っていく予定です。

 

 

 調査結果の概要

調査プロットの概要

 

分析結果の概要   

 調査データ

                                                                                                                                                                                                                                                                                    

お問合せ先

森林整備部計画課

担当者:全国森林計画班
代表:03-3502-8111(内線6144)
ダイヤルイン:03-6744-2300
FAX:03-3593-9565