English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 分野別情報 > 森林保険 > 森林保険業務の森林総合研究所への移管


ここから本文です。

森林保険業務の森林総合研究所への移管

昭和12年以来、国が運営してきた森林国営保険は、「独立行政法人改革等に関する基本的な方針」(平成25年12月24日閣議決定)において、平成26年度末までに森林の自然災害に関する専門的知見を有する独立行政法人 森林総合研究所(※)に移管するとの方針が示され、平成26年4月の「森林国営保険法等の一部を改正する法律」の成立により、平成27年4月1日に、森林総合研究所に移管されることとなりました。 

平成27年4月1日からは、新たに森林総合研究所に設置した「森林保険センター」において、森林保険業務を行います。

また、国は引き続き、森林保険の企画立案業務を行うとともに、森林総合研究所の森林保険業務の運営に関する監督を行うこととしています。

なお、補償される内容や森林組合等の加入申込受付窓口は移管前と変更はなく、移管時点での保険契約については全て自動的に森林総合研究所に移管されています。

※独立行政法人 森林総合研究所は、独立行政法人通則法の一部を改正する法律等の施行に伴い、平成27年4月1日から「国立研究開発法人 森林総合研究所」と名称が変わりました。

 

森林保険業務の森林総合研究所への移管及び森林保険センター開所式について(平成27年3月27日プレスリリース)

お問い合わせ先

森林整備部計画課
担当者:森林保険企画班
代表:03-3502-8111(内線6289)
ダイヤルイン:03-6744-2246

ページトップへ

リンク集


アクセス・地図