English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 分野別情報 > 市町村広域連携支援について(森林・林業再生基盤づくり交付金)


ここから本文です。

市町村広域連携支援について(森林・林業再生基盤づくり交付金)

  平成20年度より実施してきた「森林・林業・木材産業づくり交付金」については、事業終期を迎えたことから、新たに「森林・林業再生基盤づくり交付金」としてスタートすることとして、平成25年度政府予算案において計上されたところです。

  新たな交付金においても、地域のニーズに機動的に対応するため、市町村が中心となって行う県境を越える取組を対象に、国から市町村に直接交付する仕組みを、引き続き導入することとしています。

  これにより、市町村の実情等に応じた独自の取組が実施可能となりますので、本制度の積極的な活用についてご検討ください。

市町村広域連携支援の内容

 特徴

  1. 市町村が中心となって行う県境を越える取組を対象に、市町村から国に直接事業計画を提出することができるため、市町村の裁量により独自の取組が可能となります。
  2. 交付金に定める多様なメニューから、地域の実情に応じた施設整備等を組み合わせて実施することが可能となります。
  3. 既存施設との連携も対象としているため、施設の有効活用につながります。

 

事業の募集について

平成25年度の事業募集はこちらから

 

お問い合わせ先

林政部経営課
担当者:構造改善班
代表:03-3502-8111(内線6084)
ダイヤルイン:03-3502-8055
FAX:03-3502-1649

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

リンク集


アクセス・地図