English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 分野別情報 > 間伐等の推進について > 間伐の実施状況等


ここから本文です。

更新日:平成26年10月15日

間伐の実施状況等

    京都議定書目標達成計画(平成20年3月28日閣議決定)における森林吸収量の目標である1,300万炭素トン(基準年(平成2年)総排出量比約3.8パーセント)の達成に向けて、第1約束期間(平成20~24年度)で毎年55万ヘクタールの間伐を行うこと等を目標としてきました。

   この結果、第1約束期間については、年平均55万ヘクタールの間伐目標をほぼ達成できたところです。

 

 

間伐実績(万ヘクタール)

間伐材利用量(万立方メートル)

民有林

国有林

民有林

国有林

小計

製材

丸太

原材料

平成20年度

55 43 11 566 368 226 39 103 198

平成21年度

59 45 14 637 423 257 48 118 214

平成22年度

 56 45 11

665

443

270

42

131

222

平成23年度

55 44 12 711 486 288 40 158 225

平成24年度

49  37  12  759 521 300 36 186 238

資料:林野庁業務資料
注1:間伐実績は、森林吸収源対策の実績として把握した数値である。
2:間伐材利用量は丸太材積に換算した量(推計値)である。
3:製材とは、建築材、梱包材等である。
4:丸太とは、足場丸太、支柱等である。
5:原材料とは、木材チップ、おがくず等である。

6:単位未満の四捨五入により、計と内訳が一致しないものがある。

お問い合わせ先

森林整備部整備課造林間伐対策室
担当者:間伐推進班
代表:03-3502-8111(内線6177)
ダイヤルイン:03-3502-8065
FAX:03-3502-6329

ページトップへ

リンク集


アクセス・地図