English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 分野別情報 > 森林・林業分野の国際的取組 > 国際セミナー「自然災害における森林の役割と森林・林業の復興」


ここから本文です。

国際セミナー「自然災害における森林の役割と森林・林業の復興」の結果概要

林野庁は、平成24 年2 月5 日(日曜日)、仙台国際センター(仙台市)において、国際セミナー「自然災害における森林の役割と森林・林業の復興」を開催しました。

1.開催日時・場所

日時:平成24年2月5日(日曜日)

会場:仙台国際センター (宮城県 仙台市 青葉区 青葉山 無番地)

2.出席者

各国政府、国際機関、NGO、民間団体、一般参加者など約30国から約170名が出席。我が国政府関係機関からは、林野庁、国際協力機構等の関係者が出席しました。   

3.会議概要

本セミナーは、国内外の有識者のほか、大きな自然災害を経験してきた国外の方の参加を得て、自然災害と森林に関する知見を共有し、世界の持続可能な森林経営の推進に資することを目的に開催しました。

本セミナーでは、太田 猛彦 東京大学名誉教授による基調講演「東日本大震災における森林の役割と持続可能な森林管理・利用」に続き、「日本における自然災害と森林の果たす役割」、「世界の自然災害と森林の果たす役割」、「自然災害と森林についての各国の経験や取組」と題する3つのセッションを実施した後、それまでの議論を踏まえたセミナーのまとめとして、パネルディスカッションを行いました。

本セミナーの結果、森林の有する減災機能、木材供給による震災復興に果たす役割、災害のリスク評価や土地利用計画における地域住民との協働の重要性、科学的知見に基づいた政策立案の重要性などが議論され、持続可能な森林経営の推進の重要性、特に、森林・林業が自然災害において果たす重要性について認識が共有されました。

今後、セミナーでの議論等をとりまとめると共に、その内容を本年9月に開催予定の国連食糧農業機関(FAO)林業委員会に報告する予定です。

4.プログラム

基調講演

  

 セッション1: 日本の自然災害と森林の果たす役割

(林野庁 山地災害対策室長 井上 晋 氏)

(オイスカ 緑化技術顧問 清藤 城宏 氏)

(森林総合研究所 研究コーディネーター 落合 博貴 氏)

(筑波大学教授 建築家 安藤 邦廣 氏)


 セッション2: 世界の自然災害と森林の果たす役割

(国際森林研究機関連合 ディビジョンコーディネーター、オーストリア連邦森林・自然災害・景観研究訓練センター カール・クリーマイヤー氏)

(モントリオール・プロセス技術諮問委員会議長、ニュージーランド サイオン研究所 ティモシー・ペイン 氏)

(アジア太平洋地域コミュティ林業訓練センター(RECOFTC) 事務局長 ティント・ルウィン・タウン 氏)

(FAOアジア太平洋事務所 林業政策アナリスト ジェレミー・ブロードヘッド 氏)

 

 セッション3: 自然災害と森林についての各国の経験や取組

(インドネシア林業省 セラユ・オパック・プロゴ流域管理センター所長 アユ・デヴィ・ウタリ 氏)

(東北学院大学 教授 宮城 豊彦 氏)

(森林資源環境開発保護機関 モーン・モーン・タン 氏)


 セッション4: パネルディスカッション  

5.その他

主催:農林水産省林野庁

共催:国際協力機構(JICA)、国連食糧農業機関(FAO)

協力:国際森林研究機関連合(IUFRO)、公益財団法人オイスカ、東南アジア地域コミュニティ林業訓練センター(RECOFTC)

後援:外務省 

 

(参考)

平成24年1月12日プレスリリース<国際セミナー「自然災害における森林の役割と森林・林業の復興」の開催について>

http://www.rinya.maff.go.jp/j/press/kaigai/120112_1.html

お問い合わせ先

森林整備部計画課海外林業協力室
担当者:戸谷, 小西
代表:03-3502-8111(内線6146)
ダイヤルイン:03-3591-8449
FAX:03-3593-9565

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

リンク集


アクセス・地図