English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 分野別情報 > 病害虫や動物被害から森林を守る! > 松くい虫被害 > 松くい虫防除活動の優良事例


ここから本文です。

松くい虫防除活動の優良事例

砂丘地砂防林環境整備推進協議会(山形県遊佐町)

当協議会は、松くい虫による庄内海岸砂防林の消失を危惧した遊佐町農業者が中心となり、平成9年に設立され、地域住民とともにクロマツ林の保全活動を続けてきました。

 

主な活動として、松くい虫被害跡地等へのクロマツ植栽、下刈り、除伐、枝打ち、ニセアカシアの伐採・除去を行っています。

近年では、国・県・町や他団体との連携も深め、地元小中学校が行う森林整備体験への指導協力も行っていることから、児童・生徒やPTAからの参加者も増加しています。

 

505yusa1

506yusa2
507yusa3  

 

 

508yusa4

平成22年度

森林病害虫等防除活動優良事例コンクール

一席(林野庁長官賞)受賞

 

 

志島ヶ原(愛媛県今治市)

 「志島ヶ原」は、国指定名勝であり、毎年多くの観光客が訪れる松林です。

志島ヶ原の松林は、防風林・防砂林・潮害防備保安林として、地域保全に大きな役割を果たしています。

しかし、志島ヶ原の松林においても、松くい虫被害が進んできています。

近隣の中学校では、昭和54年度の少年式で志島ヶ原に記念植樹を実施したことをきっかけに、その後も継続的に松林保全活動に取り組んでいます。

志島ヶ原保全活動その1

志島ヶ原防除活動その2
志島ヶ原防除活動その3  

 

志島ヶ原位置図

平成21年度

森林病害虫等防除活動優良事例コンクール

一席(林野庁長官賞)受賞

 

お問い合わせ先

森林整備部研究指導課森林保護対策室
担当者:保護企画班
代表:03-3502-8111(内線6214)
ダイヤルイン:03-3502-1063
FAX:03-3502-2104

ページトップへ

リンク集


アクセス・地図