このページの本文へ移動

林野庁

メニュー

造林事業

造林事業の概要

造林事業は、健全な森林の造成や保育を行うものであり、主な作業の種類は次のとおりです。

  • 地拵(じごしら)え : 人工造林の準備作業として、苗木植付のために伐採跡地の残材・枝等を整理すること
  • 植付 : 苗木の植栽
  • 下刈り : 植栽木に日光が当たるよう、雑草木等を刈り払うこと
  • 除伐 : 樹木の生育を妨げる他の樹木の刈り払い
  • 間伐 : 樹木の成長に応じて、一部の植栽木を伐採し、立木密度を調整すること 
      

入札に参加するために必要な資格等について

基本的に次のとおりですが、具体の入札公告をご覧になってご確認ください。

必要な資格等について
  1. 入札に参加するために、平成28・29・30年度農林水産省競争参加資格(全省庁統一資格)「役務の提供等(その他)」に登録され、各地域の競争参加資格を有していること。また、国有林野事業で行う素材生産及び造林の等級区分を定めた競争参加者の資格に関する公示(PDF:51KB)(平成28年2月15日)に基づき格付けされた等級が、当該入札で示された条件に一致していること。
  2. 共同事業体を結成し入札に参加する場合は、共同事業体の構成員の全てが全省庁統一資格を有するとともにこれらの構成員が当該発注案件に対して単体企業として入札を行わない共同事業体であること。
  3. 会社更生法(平成14年法律第154号)に基づき更生手続開始の申立てがなされている者又は民事再生法(平成11年法律第225号)に基づき再生手続開始の申立てがなされている者(「競争参加者の資格に関する公示」(平成25年1月7日)8(2)に規定する手続をした者を除く)でないこと。
  4.  事業の実績として過去15年間に完了した当該事業と同種の事業である地拵、植付、下刈、除伐、間伐等を実施した実績を有すること。ただし、この公告日の属する年度の前年度及び前々年度の2年間に「国有林野事業の素材生産及び造林に係る請負事業成績評定要領の制定について(平成20年3月31日付19林国業第244号林野庁長官通知)」による事業成績評定を受けたことがある場合においては、入札しようとする者の2年間の契約ごとの評定点の合計を契約件数で除した平均点が65点以上であること。
  5. 当該事業に配置を予定する現場代理人にあっては、入札参加者が直接雇用する者であるとともに、同種の事業である地拵、植付、下刈、除伐、間伐等に3年以上にわたり従事しており、事業の適正な実施が見込める者であること。
  6. その他、各森林管理局等における入札公告に記載された競争入札に参加する者に必要な資格等に関する事項を満たすこと。
競争参加資格の確認等について

競争参加希望者は、競争参加資格を有することを証明するため、申請書及び確認資料を提出し、競争参加資格の有無について確認を受けなければなりません。

注)入札手続等の詳しい内容は、具体の入札公告をご覧いただき、ご確認下さい。

入札情報について

現在の入札公告については、各森林管理局の公売・入札情報をご覧下さい。

森林管理局 管轄地域
北海道森林管理局 北海道
東北森林管理局 青森県|岩手県|宮城県|秋田県|山形県
関東森林管理局 福島県|茨城県|栃木県|群馬県|埼玉県|千葉県|東京都|神奈川県|新潟県|山梨県|静岡県
中部森林管理局 長野県|富山県|岐阜県|愛知県
近畿中国森林管理局 石川県|福井県|滋賀県|三重県|奈良県|和歌山県|京都府|大阪府|兵庫県|鳥取県|岡山県|島根県|広島県|山口県
四国森林管理局 香川県|徳島県|愛媛県|高知県
九州森林管理局 福岡県|大分県|佐賀県|長崎県|宮崎県|熊本県|鹿児島県|沖縄県

 

お問合せ先

国有林野部業務課

担当:森林整備班
代表:03-3502-8111(内線6302)
ダイヤルイン:03-6744-2325
FAX:03-3502-8053

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader