ホーム > 森もり!スクエア > 森林(もり)の撮っておき!


ここから本文です。

森の撮っておき!

 北海道国有林の大自然、森林づくりの現場などから届いた”HOTな写真”を掲載していくギャラリーです

 最新の記事

武華(むか)山(2016年6月19日投稿) 

武華山(1759メートル)は、石北峠から北に伸びる国境稜線上の山で、周辺は「武華岳風景林」となっています。
北見市内からは、車で1時間30分ほどの距離にあります。

ヒメイチゲ

トドマツの根元にヒメイチゲが咲いていました。

武華山(中央)

稜線上に上がると…武華山(中央)の向こうに大雪山系などを望むことができました!

キバナシャクナゲ

キバナシャクナゲ。
よく見るとアリが頑張って蜜を吸っています。

武華山頂上

武華山頂上。
雲がかぶった高い山は武利(むりい)岳(1876.3メートル)です。

当日の登山者は、投稿者含め4名。静かな山でした。

ミヤマキンバイ

おなじみの黄色い花・ミヤマキンバイ。

ノゴマ

下山の際、枝先でノゴマが懸命のさえずり。
よそ者の侵入を仲間に知らせているようでした。

桜のズームアップ

ふと頭上を見ると、時期外れの桜が。
GWから1ヶ月以上も経って、桜が見られるとは思いもよらず、今年の桜の見納めとなりました。

(網走中部森林管理署 北見森林事務所 一般職員)

西クマネシリ岳(2016年6月12日投稿) 

大雪山系が見たい!ということで、西クマネシリ岳(1,635メートル)に行ってきました。

東大雪支署管内の山で、ぬかびら温泉郷や三国峠を通る国道273号線を挟んで、ニペソツ山や石狩岳の向かいにあります。

「クマネシリ」はアイヌ語で「物干し棚のような山」という意味で(北海道新聞社「夏山ガイド」より)、周辺は大雪山国立公園に指定されています。

ニペソツ山からみた西クマネシリ岳

昨年登ったニペソツ山からみた西クマネシリ岳。
「オッパイ山」とも言われているようですが、どうでしょう?

山の緑

山の中の木々

奥には西クマネシリ岳

山腹には作業道が入り組んでおり、周辺では造材作業が盛んだったことが偲ばれます。

奥には西クマネシリ岳が見えてきました。

大雪山系が一望、左はニペソツ山から右は表大雪山系

視界が開けると、大雪山系が一望できました。
左はニペソツ山から右は表大雪山系まで。

山頂から

当日の登山者は投稿者以外に2人のみで、静かな登山となりました。

(撮影者:網走中部森林管理署 北見森林事務所 一般職員)

topへ戻る 

 

 

最近の記事へ

 

カテゴリ一覧

◆国有林の風景

◆樹木

◆森の動物たち

◆森の植物

◆森林レクリエーション

◆国有林の事業

◆森林官の仕事

◆あらかると

◆北海道桜前線

 

2016年6月

武華山

西クマネシリ岳

 

過去の記事

2016年5月 

2016年3月

2016年2月

2016年1月

 

2015年11月12月

2015年10月

2015年6月

2015年5月

2015年4月

2015年3月

 

2014年12月

2014年10月

2014年8月

2014年7月

2014年6月

2014年5月

2014年4月

2014年2月

2014年1月

 

2013年12月

2013年11月

2013年10月

2013年9月

2013年8月

2013年7月

2013年6月

2013年5月

2013年4月

2013年3月

2013年2月

2013年1月

 

2012年12月

2012年11月

2012年10月

2012年9月

2012年8月

2012年7月

2012年6月

2012年5月

2012年4月

2012年3月

2012年2月

2012年1月