このページの本文へ移動

北海道森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    もくいく交流会inたいき
    ~北海道・木育(もくいく)フェスタ2017青少年交流事業~

    集合写真


     

    【技術普及課】 

    平成29年7月8日(土曜日)・9日(日曜日)の2日間、道東の大樹町で「もくいく交流会inたいき」を開催しました。
    これは、北海道、公益社団法人北海道森と緑の会と北海道森林管理局が年間を通して実施している「北海道・木育(もくいく)フェスタ2017(外部リンク)」の一環として、大樹町の南十勝長期宿泊体験交流協議会(STEP)の協力のもと、道東地区の緑の少年団員等を対象に1泊2日でさまざまな木育プログラムを実施するものです。このイベントは、当初、昨年9月に実施予定でしたが、8月の台風10号により大樹町内全域で断水などの大きな被害を受けたことから開催を見送り、2年越しでの実施となりました。
    当日は、中標津町の緑の少年団「なかしべつ冒険クラブ」の団員及び日頃からSTEPで野外体験活動に参加している十勝地区在住の小学生17名と引率者4名の計21名が参加しました。
    以下、交流会の様子を写真と共に紹介します。

    【1日目(7月8日)】

    室内で木育ガイダンス、名札づくりときぼうづくり、野外フィールドで森のお片付け、薪割り体験&火おこし、バイオマスボイラーの見学を行いました。

    【木育ガイダンス】

     木育ガイダンス
     木育ってなんだろう?身近にある「木」からできたものについて考えてもらいました

    【名札づくり】

     名札づくり
    木の輪切り板に名前を書いて名札を作ります

     【きぼうづくり】

    きぼうづくり
    昨年の台風によって被害を受けた南富良野町に寄贈する「きぼうのプール」に入れるきぼう(木棒)に激励メッセージを書きました

     

    次に「中島冒険の森」で、「森のお片付け」として去年の台風で倒れた木を短く伐って薪にしたり、除伐体験を行ったりしました。
    片付けの後は、広くなった空間を利用してスラックライン(ベルトの綱渡り)や、ハンモック遊びをしました。

    【森のお片付け】

     森のお片付け
    「中島冒険の森」へ出発!

    スラックライン
    【スラックライン】上手に渡れているね

    大人気だったハンモック 
    大人気だったハンモック

     

    【薪割り体験&火おこし】

    まさかりを使う方法以外にも、キンドリークラッカー(下に刃がついた枠に丸太を入れて、上からたたいて割る)や油圧式の薪割り機も体験しました。

     おなじみのまさかり
     おなじみのまさかり

     キンドリークラッカー
     キンドリークラッカー

     油圧式薪割り機
     油圧式薪割り機

     

    次は割った薪を使って火おこしです。火打ち石を使ってうまく薪に火を付けてみよう。

     上手に火がついたね
     上手に火がついたね

     薪ストーブ
     こちらの班は薪ストーブに挑戦!無事に火をおこせました

     

    【バイオマスボイラー見学&晩成温泉入浴】

    大樹町内にある晩成温泉は冷泉のため、町内の森林組合から運んできたカラマツのチップを燃やして温めています。ボイラー内部はカラマツの香りが漂っていました。

     バイオマスボイラー
    バイオマスボイラーを間近で見学。みんな興味津々です

     

    【2日目(7月9日)】

    今日の目玉は歴舟川での砂金堀り。

    「砂金堀り友の会」の方が砂金の見つけ方を教えてくれます。山と川と海をつなぐ「水」や食物連鎖についても学びました。

     歴舟川
    歴舟川はアイヌ語で「水  大きくなる  川」っていう意味なんだね 

    いよいよ砂金堀りに挑戦!
    まず、河原に溜まっている砂と石を「カッチャ」で掘り起こして「ゆり板」(黒い板)に置きます。
    次に川の水に板をつけて揺すり、大きな石や土を流して除いていきます。
    これを繰り返していくと、運が良ければ板の上に砂金が!
    この日は4名が見事に砂金を見つけました。 

     カッチャ
    「カッチャ」で砂を掘り起こします

     ゆり板
    「ゆり板」を使って砂金だけを板に残そう

    砂金堀りから戻ってきたら待ちに待った昼食タイム!
    大人も子どももお腹ぺこぺこです。スタッフ手作りのすき焼き風どんぶりにおかわりが続出しました。

     腹がへったよ~
      砂金堀りをやったらお腹がへったよ~

    楽しかった2日間もあっという間。最後に感想を発表してもらいました。
    みんな、昨日に比べてちょっぴり成長したかな?

     仲良くなったね
    2日間でみんな仲良くなったね 

    子どもたちも引率の方も口を揃えて「楽しかった」と言っていただけて本当に良かったです。
    今回の体験を通して、参加された方にとって「木」や「森」がより身近な存在になってくれればと思います。

    (大塚森林技術普及専門官)

    お問合せ先

    総務企画部企画課
    ダイヤルイン:050-3160-6271

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader