ホーム > 森もり!スクエア > 特集 > 札幌水源の森づくり2016 ~「山の日」記念~


ここから本文です。

 

札幌水源の森づくり2016

 

定山渓国有林は、札幌市民にとって豊かでおいしい水を育む大切な水源の森です。林野庁の「水源の森百選」に認定されています。

この水源林である国有林の重要性を多くの人に知っていただき、水源の森との関わりを深め、貴重な財産として次代へ引き継いでいくことを目的として、平成16年から毎年、札幌市と連携し、水源の森に植えるポット苗木を市民のみなさんに作っていただくイベントを開催しています。

 市民と一緒に苗作り

カミネッコンタワー

参加者

13年目の今年は「札幌水源の森づくり2016」(主催:北海道森林管理局・札幌市)として、北海道、北方創森塾、平岡楡の会、NTTタウンページ(株)、(国研)森林総研 札幌水源林整備事務所、(公社)国土緑化推進機構、(学法)常松学園札幌工科専門学校、酪農学園大学の協力をいただき、8月27日(土曜日)に札幌市創成川公園・狸二条広場で開催しました。

北海道森林管理局長

北海道森林管理局長

記念撮影

参加者と記念撮影

札幌市環境局みどり環境担当局長

札幌市建設局長

さわやかな秋晴れ、多くの参加者が見守る中、開会式で渕上北海道森林管理局長、札幌市建設局長から、森と水の関係や祝日となった「山の日」について理解を深めていただきたい旨の挨拶があり、イベントがスタートしました。

会場では、カミネッコン(再生紙段ボール)を利用した「ポット苗木づくりコーナー」や森と水に関する理解を深めていただける「森のコーナー(パネル展示)」、「花の苗プレゼントコーナー」、森林や水についてクイズを答えながら学ぶ「クイズラリー」、東日本大震災被災地へ送る「きぼう(木棒)」にメッセージを添える「きぼう(木棒)のコーナー」などを行い、多くの参加者の皆様方に楽しんでいただきました。

今年も皆様方のご協力により、予定していたポット苗木(カミネッコン)400個が完成し、定山渓の山をイメージした台に飾られました。

完成した400個のポット苗木は、ボランティア・関係機関の皆様により10月上旬に定山渓の水源の森(国有林)に植え、やがて大きく成長し豊かな森林になっていきます。

花苗引換所 

賑わう苗木交換所

ポット苗木作り 

ポット作成

ポット完成

 完成したポット設置

 パネルクイズ

パネルを見ながらクイズに挑戦

 パネルクイズ

みんなでクイズに参加

 木棒作りコーナー

木棒(きぼう)コーナー

 

お問い合わせ先

総務企画部企画課
ダイヤルイン:050-3160-6271

森林管理局の案内

リンク集