ホーム > 森もり!スクエア > 特集 > 北海道森づくりフェスタ2014「植樹祭」


ここから本文です。

 

北海道森づくりフェスタ2014~植樹祭~

平成26年6月8日(日曜日)、当別町「道民の森・神居尻地区」において、北海道、北海道森林管理局、公益社団法人 北海道森と緑の会、北海道林業・木材産業対策協議会の4者共催による「北海道森づくりフェスタ2014 植樹祭」を開催しました。

「北海道森づくりフェスタ2014」は広く道民や企業に森づくりへの参加・協力を呼びかけ、道民全体の力で未来に繋げる豊かな北海道の森を築き上げていく取組です。

5月10日に行われた開会式をスタートに「北海道植樹祭」、「道民の森づくりネットワークの集い(10月)」などを柱に、12月まで全道各地で森づくりの取り組みを行います。

開会式では主催者を代表し、高橋はるみ北海道知事から「森林は、水を貯え空気を浄化し、様々な生き物を育んでいます。本日の植樹祭は「森づくりフェスタ」の中でも大切な取組です。」と挨拶があり植樹が行われました。

記念撮影

みんなで記念撮影 

小雨の降る中の植樹となりましたが、緑の少年団や幼稚園の皆さん、一般の参加により、アカエゾマツやハルニレなど2,000本を植栽しました

 

 

植付の様子

植樹の様子

親子で植樹

親子で植樹 

午後からは、天気も回復し、神居尻地区で地元当別町の特産品や木工クラフト体験などの「ミニテント村」や、「森林散策」のイベントが行われました。

木工クラフト体験では、ロケットラワン(木の種の模型)を作って空に向けて飛ばしました。

最初はなかなかうまく飛ばすことが出来ませんでしたが、スタッフからのアドバイスでコツをつかめば、空高く飛ばすことができました。

また、森林散策では道民の森ボランティア協会の方々の案内で、60分、90分の各コースに別れ周辺の樹木・草花の説明がありました。

子供連れの参加者からは「今日植えた苗木がどのように育っているか、また来年、子どもと一緒に見に来たい。」との声も聞かれました。

ロケットラワンを飛ばして

ロケットラワンを空に!!

森林散策

森林散策

イタドリで笛作り

イタドリで笛作り

木の葉書つくり

木の葉書作り

 

お問い合わせ先

総務企画部企画課
ダイヤルイン:050-3160-6271

森林管理局の案内

リンク集