ホーム > 森もり!スクエア > みなさんと手を取り合って > 「民有林行政実務の見学」を開催


ここから本文です。

 

 みなさんと手を取り合って

「民有林行政実務の見学」を開催 

【胆振東部森林管理署】

民有林行政実務説明 
民有林行政実務説明

平成27年3月19日(木曜日)、胆振総合振興局森林室にご協力いただき、「民有林行政実務の見学会」を、苫小牧広域森林組合にて開催しました。

当日は森林室職員2名、局職員4名と当署職員16名が参加し、苫小牧広域森林組合における民有林行政実務についての学習のほか、チップ工場とO&Dウッド(高耐久処理木材)生産施設、そして皆伐実施現場の見学を実施しました。

最初にチップ工場とO&Dウッド生産施設を見学しました。

昨年の11月に完成したチップ工場では、生産ライン上にグラップルを設置、チッパーにスムーズに送り込めるよう選別して、チップ生産を行っていました。

その後O&Dウッド生産施設へ移動し、素材の加工ラインや、薬剤の加圧注入行程を説明していただきました。

チップ工場

チップ工場

O&Dウッド加工施設

O&Dウッド加工施設

O&Dウッドは耐用年数が30年以上もあり、さらに施工日数がコンクリートを使用するよりも短いというメリットがあるので、当署でも実際に使用されています。

次に苫小牧広域森林組合の会議室にて民有林行政実務の説明と、事前に提出していた質問事項への回答をしていただき、民有林行政実務を知る機会が少ないことから、職員から様々な追加質問が出ていました。それについても細かく説明していただきとても参考になりました。

最後に、実際に作業中のカラマツ人工林の皆伐箇所に移動し、作業工程等の説明を受けました。

皆伐の作業現場を見るのは初めての職員もおり、現場説明に熱心に耳を傾けていました。
皆伐終了後は、火入れ地拵えを実施するとの事で、機会があればその作業についても見学が出来ればと思いました。

まだまだ民有林行政実務については知らない事が多いですが、今回の見学はとても有意義だったと感じました。
今後も定期的に民有林行政の学習機会が増えることを望みます。

(阿部 地域技術官)

O&Dウッド使用例(胆振東部署)

O&Dウッド使用例(胆振東部署)

皆伐実施箇所

皆伐実施箇所

 

 

お問い合わせ先

総務企画部企画課
ダイヤルイン:050-3160-6271

森林管理局の案内

リンク集