ホーム > 森もり!スクエア > みなさんと手を取り合って > 勝山採種園の取り扱いに関する覚書を締結


ここから本文です。

 

 みなさんと手を取り合って

勝山採種園の取り扱いに関する覚書」を締結

~カラマツ種子の安定的な生産に向けて~

【網走中部森林管理署】

締結

秋岡署長(右)と今井育種場長(左) 

平成26年8月8日(金曜日)、網走中部森林管理署において、独立行政法人森林総合研究所林木育種センター北海道育種場と網走中部森林管理署との間で「勝山採種園の取り扱い(カラマツ)に関する覚書」を締結しました。

 

これは、造林量が増加する中、北海道でのカラマツ種子需要に対する生産は十分ではないことから両者の協力の下、当署の勝山採種園(カラマツ)において、着花促進及び種子採取並びに採種園改良のための取組に着手するため、覚書を締結したものです。

 

当日は、今井北海道育種場長が来署し、秋岡署長とともに覚書に署名を行い、互いに協力しながらカラマツ種子の安定的な生産に向けて採種園での取組を進めていくことを確認しました。 
 

(林 森林技術指導官)

署名

覚書に署名

 

 

お問い合わせ先

総務企画部企画課
ダイヤルイン:050-3160-6271

森林管理局の案内

リンク集